熱海温泉(あたみおんせん)の歴史秘話

温泉の歴史秘話

「熱海」を一躍有名にした尾崎紅葉の『金色夜叉』

 「ああ、宮さん、かうして二人が一緒に居るのも今夜限だ。お前が僕の介抱をしてくれるのも今夜限、僕がお前に物を言ふのも今夜限だよ。一月の十七日、宮さん、よく覚えてお置き。来年の今月今夜は、貫一はどこでこの月を見るのだか! 再来年の今月今夜……十年後の今月今夜……一生を通して僕は今月今夜を忘れん、忘れるものか、死んでも僕は忘れんよ! いいか、宮さん、一月の十七日だ。来年の今月今夜になつたならば、僕の涙で必ず月は曇らして見せるから、月が……月が……月が……曇つたらば、宮さん、貫一はどこかでお前を恨んで、今夜のやうに泣いてゐると思つてくれ」

 “貫一お宮”で知られる尾崎紅葉の小説『金色夜叉』。許しを請おうと寄り添ってくる着物姿の宮を学生服の貫一が足蹴にする、有名な一場面だ。孤児として育った間貫一(はざま かんいち)は、許嫁で相思相愛だった鴫沢宮(しぎさわ みや)が、金に目が眩んだ両親によって銀行を営む資産家の息子・富山唯継(とみやま ただつぐ)に強引に嫁がされることを知り激怒。宮と富山が見合いをした熱海温泉まで追いかけ、海沿いの砂浜で宮を問い詰める。だが、もやは自分が顧みられることはないと悟った貫一は、ついに宮に向かって悲痛な訣別の言葉を吐く……。

 明治30年(1897)に新聞連載が始まった作品は、人々に熱狂的に受け入れられベストセラーになってゆく。と同時に、それまで鄙びた温泉地だった「熱海」の名は一躍有名になる。大正15年(1926)には、すでに故人となった尾崎紅葉の遺徳をしのび顕彰するための集いを、未亡人や門人・江見水蔭(えみ すいいん)を招いて開催。昭和14年(1939)からは「紅葉祭」として、貫一と宮に因縁のある1月17日に毎年挙行されている。

 冒頭の海岸の場面や宮と富山が見合いをした「熱海梅園」は、小説家・尾崎紅葉の鋭い観察眼によりきわめてリアルな描写がなされている。実際に熱海に足を運び記憶に刻みつけたのだろうとされているが、紅葉がいつ熱海を訪れたのかとなると、明治22年(1889)正月説(江見水蔭『硯友社と紅葉』)や、明治29年暮説(邦枝完二の小説『恋あやめ』)など今ひとつ明らかではない。また、十千万堂(とちまんどう)と名のる俳諧師としても活動していた紅葉が、「東京はウルサイから逃げてきた」などと語っていたという昭和初期の地元の古老の回顧談も残っている。どちらにしろ熱海が、彼にとって馴染みの温泉だったことは間違いない。

 以前、熱海の海岸には、江戸時代の名老中・松平伊豆守信綱が伊豆巡見した際に植えられた“羽衣の松”という見事な枝ぶりの松の木があった。「♪熱海の海岸を散歩する 貫一お宮の二人連れ 共に歩むも今日限り 共に語るも今日限り〜」で知られるバイオリン演歌『新金色夜叉』のヒットや、舞台上演や映画化が繰り返される『金色夜叉』のイメージが浸透してくると、いつしかこの松の木が2人の別れの場だとされて「お宮の松」と呼ばれるようになる。時は、昭和9年(1934)ごろ。こうして、熱海温泉は小説の世界とますます深く結びついてゆく。

 しかし、観光名所になった「お宮の松」も、戦後の高度成長期になると自動車の排気ガスによって枝が枯れ始める。そこで熱海市は、市民の協力を仰いで2代目となる「お宮の松」を選定、移植。あらためて公園として整備を進めた。
 現在、代は替わっても「お宮の松」は熱海温泉のシンボルとして親しまれている。公園内には、「初代 お宮の松」の切り株の展示や、紅葉の門人・小栗風葉(おぐり ふうよう)が詠んだ「宮に似たうしろ姿や春の月」の句碑を配置。昭和60年(1985)には地元有志によって、貫一が宮を蹴り飛ばすあの場面を活写した銅像も建てられ、名作『金色夜叉』の世界をしのぶ一角として多くの人が訪れている。

 ちなみに、「紅葉祭」が行われる1月17日は、貫一の気持ちに反して晴れの日が多いのだとか……。(文・/二木三介)

【人物紹介】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……・・・

■《尾崎紅葉(おざき こうよう)》[1867〜1903年]
明治時代の小説化。本名・徳太郎。江戸は芝の生まれ。俳号に十千万堂(とちまんどう)など。東大予備門在学中に石橋思案らとともに文学結社「硯友社」を結成し、同人誌『我楽多文庫』を発行。それまでの勧善懲悪から写実主義の文学を追究し、新しい時代に見合った「である」調の言文一致体などの文体を模索し、流麗な文体で知られた。代表作に『多情多恨』、未完で終わった『金色夜叉』など。門弟に泉鏡花や徳田秋声、小栗風葉などを輩出している。
熱海温泉
貫一とお宮の別れの舞台となった海岸。現在は、熱海サンビーチとして整備されている
熱海温泉
お宮が富山とお見合いをした場所とされる熱海梅園
温泉地の歴史秘話をご紹介します。あなたの情報もゆこゆこネットで掲載いたしますので、ぜひご投稿ください。 歴史秘話を投稿する