石和温泉(いさわおんせん)歴史秘話

石和温泉の概要

春夏秋冬、魅力満載の「果物と温泉の郷」

新宿から特急で約1時間半。交通網の発達により、山梨観光の拠点として多くの観光客でにぎわう「果物と温泉の郷」。桃源郷の桃が春の訪れを告げ、近津川沿いの桜並木に春爛漫を喜ぶ。モモ狩りで夏を感じたら、ブドウ狩りで秋の味覚に舌鼓。昇仙峡が紅葉で真っ赤に染まると、そろそろ冬の到来。冬だからこそ、心静かに歴史と向き合ってみるのもよい。300年以上にわたり石和に居を構えた武田家や、鵜飼を伝えた日蓮上人などのゆかりの地を散策。冷えた体は、武田信玄の陣中食と伝えられる名物“ほうとう”と温泉で芯から温まる。4月の風物詩“川中島合戦戦国絵巻”で笛吹川の河原に鬨の声が響いた時、石和の1年がまた始まる。

石和温泉の情報

住所:笛吹市石和町 立ち寄り共同浴場数:0件


周辺の宿を見る

石和温泉の周辺観光地の情報

ただいまこの温泉地には投稿がございません。
温泉地の歴史秘話をご紹介します。あなたの情報もゆこゆこネットで掲載いたしますので、ぜひご投稿ください。
歴史秘話を投稿する