嬉野温泉(うれしのおんせん)のグルメ・特産・逸品

温泉のグルメ・特産・逸品情報

食べる(グルメ情報)

買う(特産品・逸品)

宗庵よこ長

胃腸によいといわれる嬉野温泉のお湯を使った名物「温泉湯豆腐」は、この店の先代が発案したもの。温泉のアルカリ成分が豆腐のニガリに作用してトロリとやわらかくなり、豆腐本来のおいしさが引き出される。豆腐がとけだした煮汁も昆布だしが効いてとても美味。おすすめは特選湯豆腐定食。具は昔ながらの製法で作った木綿豆腐にエビ、塩じゃけ、カニカマ、椎茸、白菜などで990円。最後の煮汁までしっかり味わおう。

 
住所 佐賀県藤津郡嬉野町下宿乙2190
TEL 0954-42-0563
アクセス JR武雄温泉駅より車で30分
営業時間 10:00〜21:00(水曜定休)
人気メニュー:温泉湯豆腐(420円〜)、湯豆腐定食(790円) 特選湯豆腐定食(990円)

温泉食堂

古民家を改築して店舗にした嬉野温泉の名物店。店内は年期の入った柱に骨董品、静かにジャズが流れて落ち着いた雰囲気をかもしだしている。看板メニューのオム丼は、ふんわりとした卵の下に隠れたチーズ。卵、ご飯、チーズが一体になってとろけるようなおいしさだ。上品でコクのあるスープが中細の縮れ麺にちょうど合う醤油ラーメンも人気の品。飲めば飲むほど甘みを感じる不思議なスープは、ぜひとも味わいたい。嬉野名物の温泉湯豆腐も美味。

 
住所 佐賀県藤津郡嬉野町岩屋川内甲321
TEL 0954-43-0511
アクセス JR武雄温泉駅より車で35分
営業時間 11:30〜15:00、17:30〜20:30(日曜定休)
人気メニュー:オム丼(700円)、しょうゆラーメン(500円)

餃子会館

JR武雄温泉駅のすぐそばにある餃子会館。本場中国の家庭的な餃子を味わえる店として地元の人の人気は高い。具材・スパイス合わせて36種の材料を使うこの餃子。普段口にする餃子と異なり、皮は厚めで丸々とした姿はまるで稲荷寿司のよう。表面はカリッと香ばしく、口に入れると肉汁が旨みといっしょに広がる。自家製麺のラーメンも自慢の品で、数種類の骨をブレンドしたスープは塩分控えめのあっさり味。餃子との相性もよいのでいっしょに食べるのがおすすめ。

 
住所 武雄市武雄町昭和3-4
TEL 0954-22-3472
アクセス JR武雄温泉駅より徒歩5分
営業時間 11:30〜21:00(木曜定休)
人気メニュー:焼き餃子8個(350円)、もしもしラーメン(450円

板前東屋

明治の中ごろから続く温泉湯豆腐の老舗。現在の主人は20年間、豆腐に合う温泉水を研究。カルシウムを含む食材を加え調整することで理想の味にたどりついた。看板料理は「湯の端お茶豆腐」。特製の温泉水と豆腐そして嬉野茶の組み合わせが奥深い味わいをうみだし、お茶の緑は目にも美しい。ゴマみそ、お茶みそなど7種類のたれが楽しめる「湯の端豆腐セット」も人気の品。シーボルトが立ち寄ったことで知られる「シーボルトの足湯」はお店のすぐそば。湯豆腐を食べて、足湯に入れば、心も体もポカポカだ。

 
住所 藤津郡嬉野町下宿乙82
TEL 0954-42-1074
アクセス JR武雄温泉駅より車で30分
営業時間 11:00〜14:00、17:00〜21:00(水曜定休)
人気メニュー:湯の端お茶豆腐(850円)、ちらしずし(500円)、特上ずし(2600円)

買う(特産品・逸品)

食べる(グルメ情報)

岩松堂菓子舗

茶畑が盆地に広がる嬉野で35年間和菓子づくりを続ける岩松堂菓子舗。お店には地元特産の嬉野茶を使った和菓子が豊富に並ぶ。おすすめは「ひき茶まな鶴饅頭」。直径5cmほどの饅頭に抹茶の餡がギッシリつまって12個入800円。1斤1100円の「ひき茶カステラ」も人気の品だ。どちらもお茶の風味が口の中に広がり大変美味。霧の多い気候と清流、澄んだ空気に恵まれ、550年間大切に育てられてきた嬉野のお茶を、飲むだけではなく食べてみては。

 
住所 藤津郡嬉野町下宿乙354-3
TEL 0954-42-1429
アクセス JR武雄温泉駅より車で30分
営業時間 8:00〜20:00(火曜定休
人気メニュー:ひき茶まな鶴饅頭12個(800円)、ひき茶カステラ1本(1100円)

温泉地の食べ物情報ををご紹介します。あなたの情報もゆこゆこネットで掲載いたしますので、ぜひご投稿ください。 情報を投稿する

※上記詳細情報は変更されることがあります。お出かけの際は店舗・施設へお問い合わせください。