越後湯沢温泉(えちごゆざわおんせん)のグルメ・特産・逸品

温泉のグルメ・特産・逸品情報

食べる(グルメ情報)

買う(特産品・逸品)

しんばし

湯沢温泉ロープウェイの脇にあるこだわりのそば屋。このお店のそばは、地粉8割につなぎ2割の二八そば。つなぎに海草の「ふのり」を用いる越後手打ちだから、ツルツルとした喉ごしの良さとコシの強さ、豊かな香りを楽しめる。おすすめは、「にしんせいろ」。煮くずれしないように三日がかりで炊きあげた身欠ニシンの干物は骨まで柔らか。特産の舞茸を使った天ぷらも絶品だ。2人以上なら幅30cm、長さ50cmのへぎと呼ばれる器に入った「へぎそば」もおすすめ。

 
住所 南魚沼郡湯沢町大字湯沢488-1
TEL 025-784-2309
アクセス JR越後湯沢駅より徒歩7〜10分
営業時間 11:00〜20:00(水曜定休) ※そばが売り切れ次第終了
人気メニュー:もち天(650円)、にしんせいろ(1400円)

保よし

山菜や舞茸、野菜など地元の食材をふんだんに使った料理をいただける和食処。看板メニューは、舞茸の土瓶蒸し、天ぷら、クルミ炒め、自家製の昆布巻き、茶碗蒸しなどがセットになった「舞茸御膳」。揚げ物から蒸し物まで豊富なバリエーションで、舞茸のおいしさをしっかり引き出している。ボリューム満点で、料金も良心的だ。脂ののった時鮭の西京焼きがメインの「時鮭御膳」、海老3本入りの「天丼」も人気のメニュー。

 
住所 湯沢町湯沢328-1
TEL 025-784-2244
アクセス JR越後湯沢駅より徒歩5分
営業時間 11:30〜14:00、17:00〜21:00(月曜定休)
人気メニュー:舞茸御膳(1700円)、時鮭御膳(1800円)

湯沢高原ビール

酵母が生きた新鮮な地ビールを楽しめるビール工場併設のレストラン。ビールは、淡白色でさわやかな味わいの「ホワイトヴァイツェン」、深い赤色とマイルドな風味の「アンバーエール」、独特の苦味とコクの黒ビール「スタウト」に、季節限定のビールを加えた4種類。まずは、お得な「テイスティングビア」で定番の3種類を飲み比べてみたい。自家製ハーブ、高原野菜、地鶏卵など鮮度抜群の素材を用いた料理もビールによく合い大変美味。

 
住所 南魚沼郡湯沢町神立754-6
TEL 025-780-6150
アクセス JR越後湯沢駅より車で8分
営業時間 11:00〜20:30(火曜定休 売店は10:00から)
人気メニュー:ビール/グラス1杯(410円〜)、 ビール/ピッチャー(1700円〜)、 テイスティングビア(580円)

ぽんしゅ館

越後湯沢駅構内にある日本酒をバラエティー豊かに楽しめる施設。利き酒コーナーには、越後の蔵元99銘柄が集まり、500円で5銘柄の試飲が可能。好みにあった地酒を選んでくれるコンピューターがあるので、知識がなくても飲みたいお酒にたどり着ける。地酒にぴったりの料理を楽しめる「雪ん洞」、酒風呂専用のお酒が入った温泉「湯の沢」、新潟の特産品からオリジナル品まで豊富に揃った「物販コーナー」などもあり、列車の待ち時間が充実。

 
住所 南魚沼郡湯沢町湯沢2427-3
TEL 025-784-3758
アクセス JR越後湯沢駅構内
営業時間
人気メニュー:入浴料大人(800円)、入浴料小学生(400円)、 利き酒(500円)

買う(特産品・逸品)

食べる(グルメ情報)

億萬屋

川端康成の小説「雪国」の舞台となった越後湯沢温泉。このお店の名物は「雪国」のヒロイン駒子にちなんだ「駒子もち」。雪国の美女の肌を思わせるきめこまやかな白玉餅の中につぶし餡が入った生菓子で、ぷにぷにした軟らかさと程よい甘さを楽しめる。湯沢でしか販売されておらず、翌日になっても硬くならないのでお土産にもぴったり。寒い時期には、出来たてホカホカの「笹だんご」もおすすめだ。

 
住所 南魚沼郡湯沢町大字湯沢354-10
TEL 025-784-2349
アクセス JR越後湯沢駅より徒歩7分
営業時間 7:00〜21:00(水曜定休)
人気メニュー:駒子もち12個(600円)、笹だんご10個(1050円)

温泉地の食べ物情報ををご紹介します。あなたの情報もゆこゆこネットで掲載いたしますので、ぜひご投稿ください。 情報を投稿する

※上記詳細情報は変更されることがあります。お出かけの際は店舗・施設へお問い合わせください。