勝浦温泉(かつうらおんせん)のグルメ・特産・逸品

温泉のグルメ・特産・逸品情報

食べる(グルメ情報)

買う(特産品・逸品)

ヤマキ

マグロの水揚げ日本一は静岡の焼津漁港だが、近海物の生マグロだけなら勝浦漁港がナンバー1。このお店は仲買業の直営だから、市場で仕入れたばかりの新鮮なマグロを格安でいただける。1日20食程度の限定「ネギトロ丼」は、トロを100%使用。鮮度がよいからトロトロなのにサッパリで絶品。お値段は、驚きの500円だ。生マグロ食べ放題の定食は2000円で、こちらも人気。カマトロの握りや中トロの刺身、クジラ料理とメニューも豊富で行列ができるほど評判のお店。

 
住所 東牟婁郡那智勝浦町天満1-79-3
TEL 0735-52-5105
アクセス JR紀伊勝浦駅より徒歩5分
営業時間 11:00〜14:00LO(日曜定休)
人気メニュー:ネギトロ丼(500円)、生マグロ食べ放題定食(2000円)

竹原

勝浦漁港のそばにあるマグロ料理の専門店。刺身はもとより、内臓料理まで美味しくいただけるとあって、地元でも大評判。おすすめの「マグロ定食」は、トロリとした生のクロマグロを分厚い切り身で堪能できて、値段も1500円と格安だ。知り合いの漁師さんから仕入れる内臓は、船上で急速冷凍したものだから新鮮そのもの。コリコリとしたあっさり味の「ワタ(胃袋)」や、歯触りと濃厚な味を楽しめる「チコロ(心臓)」など、このお店ならではの美味しさだ。

 
住所 東牟婁郡那智勝浦町築地4-3-23
TEL 0735-52-1134
アクセス JR紀伊勝浦駅より徒歩5分
営業時間 11:00〜14:00LO、17:00〜21:00LO(日曜夜定休)
人気メニュー:内臓料理(600円〜)、まぐろ定食(1500円)

くじら家

太地くじら浜公園の入口近くにある鯨料理の専門店。鯨肉は氷点下80度で冷凍保存しているから新鮮そのもの。おすすめは、特製ニンニク醤油でいただく「鯨刺身」。ミンク鯨の赤身と本皮を一緒に口に入れると、トロッと軟らかい赤身と本皮の油が絶妙に広がり堪えられない美味しさ。畝須(腹側の皮部)も、噛むほどに濃厚な旨みが染み出て絶品。刺身用の肉を使った「鯨ステーキ」や、とにかく軟らかい「たつた揚げ」も味わい深い。

 
住所 東牟婁郡太地町太地2902-115
TEL 0735-59-2173
アクセス 太地くじら浜公園より徒歩1分
営業時間 9:30〜17:00(木曜定休)
人気メニュー:たつた揚げ(1200円)、鯨かつカレー(1600円)、 鯨ステーキ(3000円)、 鯨刺身/赤身と本皮のセットと畝須の盛合わせ(2200円)

買う(特産品・逸品)

食べる(グルメ情報)

勝浦海産物センター

勝浦港で三代続く海産物問屋の中虎商店。直営の海産物センターには、丸干し、開き、角煮、焼き物など、自社工場で加工された海産物を中心に500ものアイテムが揃っている。おすすめは、勝浦港の新鮮なマグロのかまを秘伝のタレでじっくり煮込んだ「まぐろかま煮」。しっかり脂ののったマグロを楽しめ、値段も700円とお手頃。まぐろの切り身や、活きたサザエ、など鮮魚も充実していて、駅のすぐそば。お土産の購入にはぴったりのお店だ。

 
住所 東牟婁郡那智勝浦町築地5-1-1
TEL 0735-52-4545
アクセス JR紀伊勝浦駅より徒歩1分
営業時間 7:30〜18:00
人気メニュー:まぐろかま煮(700円)、まぐろ角煮(800円)

山口光峯堂

熊野那智大社参道のなかほどにあるすずりの専門店。ここ熊野地方で産出される那智黒石は古くから硯や碁石の材料として利用され、書道家などに高い評価を受けてきた。店主自ら研ぎ上げたすずりは、力を入れなくても滑らかに墨がすれるほどの逸品。ほかにも、碁石や花器、ぺーパウエイト、彫像などの商品も揃っている。

 
住所 東牟婁郡那智勝浦町那智山167-2
TEL 0735-55-0020
アクセス JR紀伊勝浦駅より車で30分
営業時間 8:00〜17:00
人気メニュー:那智黒石の硯(2520円〜)

温泉地の食べ物情報ををご紹介します。あなたの情報もゆこゆこネットで掲載いたしますので、ぜひご投稿ください。 情報を投稿する

※上記詳細情報は変更されることがあります。お出かけの際は店舗・施設へお問い合わせください。