• このページをシェア

かけゆ鹿教湯温泉

効能豊かな温泉と名所めぐりで健康に

内村川に沿って広がる山あいの静かな温泉地。その昔、鹿に化けた文殊菩薩が信仰深い猟師に丸子の山中に湧く温泉の存在を教えたことから「鹿教湯(かけゆ)」という名前になったとか。 昔から中風に効く名湯として有名で、昭和31年には環境庁選定国民保養地に。現在は昔ながらの湯治場の雰囲気を残す一方で、温泉効果を医学的に利用するための病院やクアハウスも整備された。 ランニングやウォーキングのコースも豊富で、特に温泉内を巡る1周12キロの“二十一番名所めぐり”がおすすめ。屋根付きの五台橋や天井絵が見事な文殊堂、月見堂に薬師堂などを時間をかけて回る。温泉と散策で健康を。鹿教湯が今に受け継ぐ伝統を、ぜひ享受したい。

鹿教湯温泉の宿一覧(3件)を見る

温泉の特徴

特徴 美肌
泉質 単純泉
効能 神経痛、リウマチ、胃腸病、高血圧、動脈硬化など

万葉集に「那須の湯」と登場する古湯。優しい肌触りの単純温泉は、泉温41℃前後で長湯に最適。じっくり浸かることで温泉の成分が体内に沁み込み、体の芯まで温まり血行促進や神経痛などに効果があるといわれている。また入浴中に温泉成分を吸い込むことで呼吸器系に、飲泉で便秘や整腸作用にも効く。そもそも鹿教湯は湯治温泉として有名。無色無臭のお湯が豊富な効能を秘め、いにしえから多くの人々を癒し続けている。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

長野県上田市鹿教湯温泉

アクセス

  • でお越しの方

    東部湯の丸ICから車で約50分

  • 電車でお越しの方

    上田駅からバスで約40~70分(宿泊施設により異なる)

このサイトをシェアされたい方はこちら