渋温泉(しぶおんせん)の周辺観光地

温泉の周辺観光地の情報

アワラ湿原のイメージ画像  

アワラ湿原

高山植物の花園

竜王山と五輪山の奥懐に広がるアワラ湿原。高山植物の宝庫となっており、春になると50万本のミズバショウが花開き幻想的な光景が広がる。遊歩道が整備されているので森林浴をかねたハイキングも楽しめる。

 
  • 住所:下高井郡山ノ内町
  • TEL:
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

地獄谷野猿公苑のイメージ画像  

地獄谷野猿公苑

お猿の入浴姿が見られるスポット

志賀高原を源とする横湯川の渓谷に位置する地獄谷野猿公苑。世界で唯一温泉に入る日本猿を見ることのできる場所として知られている。すぐ近くには国の天然記念物地獄谷噴泉があり、10mもの高さまで熱泉を噴き上げている。

 
  • 住所:下高井郡山ノ内町地獄谷6845
  • TEL:0269-33-4379
  • 駐車場:あり
  • 入場料:大人 500円、小人 250円

雷滝 八滝のイメージ画像  

雷滝 八滝

裏側から流れ落ちる姿を見られる滝

落差は約30mで豪快な滝水しぶきをあげる雷滝。別名、裏見の滝と呼ばれ、滝の裏側から滝が流れ落ちる姿を見ることができる。八滝は180mほどの落差を八段のになって流れ落ちる滝。山田温泉の温泉街の先に滝見の望楼がある。

 
  • 住所:上高井郡高山村
  • TEL:
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

四十八池のイメージ画像  

四十八池

志賀高原の代表的な高層湿原

標高約2,040メートルの裏志賀山の北東麓にあり、70余りの小さな池が点在している高層湿原。ワタスゲ、ミヤマホタルイなどの湿性植物が生い茂る中、7月初旬から8月中旬にかけては天然記念物のゲンジホタルが飛び交う。

 
  • 住所:山ノ内町志賀高原
  • TEL:0269-34-2404
  • 駐車場:あり
  • 入場料:無料

大沼池のイメージ画像  

大沼池

神秘的な佇まいをみせる志賀高原最大の池

志賀高原最大の池で、周囲約5.5km、水深約26mからなる火山によりせき止められた湖。神秘的なエメラルドグリーンの水をたたえる。その昔、大沼池の主である大蛇に愛された城主高梨政盛の娘・黒姫が、政盛の罠にはまった大蛇の怒りをおさえるために大沼池に身を投げたという悲恋伝説が残る。

 
  • 住所:山ノ内町志賀高原
  • TEL:0269-34-2404
  • 駐車場:あり
  • 入場料:無料

上林温泉のイメージ画像  

民俗資料館豪雪の館

江戸・安政年間の農家を移築・復元した資料館

江戸・安政年間の建造とされる日本有数の豪雪地帯、新潟県松之山町に建てられた「豪農の家」を移築・復元した資料館。雪国の生活様式を偲ぶ民具、生活道具を展示している。天井には直径約50センチメートルもの梁が縦横に張り巡らされているなど、長年の風雪に耐えた重厚な木組みが見どころ。

 
  • 住所:
  • TEL:0269-33-5116
  • 駐車場:あり
  • 入場料:大人310円、子供160円

上林温泉のイメージ画像  

志賀高原ロマン美術館

美しいものへの限りないロマンがキーワード

美とロマンをテーマに、国や時代・ジャンルを超えた作品が展示される美術館。志賀高原にゆかりの深い建築家・黒川紀章氏の設計による建物も印象的。山ノ内町が生んだ南画家・児玉果亭の作品を中心に、ローマングラスやアンティークキリムなどを展示。また、ミュージアムショップや喫茶室も併設している。

 
  • 住所:下高井郡山ノ内町平穏1465
  • TEL:0269-33-8855
  • 駐車場:あり
  • 入場料:大人500円、小中学生300円

上林温泉のイメージ画像  

酒蔵美術館ギャラリー玉村本店

絵画コレクションのほか利き酒も楽しめるギャラリー

地酒「縁喜」の醸造元である玉村本店が、歴史ある築100年の酒蔵を再生し、家主が所有する日本画を中心としたコレクションを展示するギャラリー。 1階には、酒米を精米するために使った水車の石臼やガラス器を展示。酒造りの仕込み蔵を見学できるコーナーや、搾り立ての地酒と志賀高原ビールが味わえる試飲コーナーなどもある。

 
  • 住所:下高井郡山ノ内町平穏1163
  • TEL:0269-33-2155
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

熊の湯温泉のイメージ画像  

北斎館

北斎の肉筆画を展示

絵師・葛飾北斎(かつしかほくさい)が晩年に滞在した小布施で描いた、肉筆画や画稿など40点余りを常設展示。小布施の祭で使われた「龍と鳳凰」、男浪・女浪と呼ばれる「怒濤」の2対の祭り屋台の天井絵は必見。一方の屋台はデザイン・監督共に北斎が手がけたのだとか。また喫茶コーナーも併設されており、栗菓子と抹茶でひと息つける。

 
  • 住所:上高井郡小布施町小布施485
  • TEL:026-247-5206
  • 駐車場:なし
  • 入場料:大人500円、小中高校生300円

熊の湯温泉のイメージ画像  

岩松院

畳21枚分もある北斎の天井絵は必見

1322年(元亨2)開基の曹洞宗の古刹。本堂の天井には、葛飾北斎が晩年に描いた極彩色の天井絵「八方睨み鳳凰図」が残されており、畳21枚分もある大作は凄まじい迫力。めのうなど、その絵具代は現在の価値に換算すると2億円以上だとか。本尊に足を向けなければ、寝転がって見学することができる。

 
  • 住所:上高井郡小布施町雁田615
  • TEL:026-247-5504
  • 駐車場:あり
  • 入場料:本堂拝観料…大人200円、小学生100円

高天ヶ原マンモススキー場のイメージ画像  

高天ヶ原マンモススキー場

初心者も上級者も楽しめるスキー場

東館山の北西斜面に広がるゲレンデ。全長約1,000メートル、平均10度の快適な一枚バーン。最高の眺望と雪質の中、初心者から上級者まで思う存分スノースポーツを楽しめる。正面ゲレンデ左上部は天然コブ斜面で、片斜面ながらもツブの揃った見事なコブが並ぶ。託児所も完備。

 
  • 住所:下高井郡山ノ内町平穏7149
  • TEL:0269-34-2301
  • 駐車場:あり
  • 入場料:志賀高原全山共通1日リフト券4,500円

木戸池のイメージ画像  

木戸池

白樺に囲まれたレジャー設備充実の池

志賀山、笠ヶ岳、坊寺山の三山に囲まれた標高約1,610mの高地にある池。周囲約600mで夏はボート、冬はワカサギ釣りが楽しめる。湖畔には白樺、ツガ、サワラの木々が美しい林を作り、紅葉のシーズンには絶景が広がる。

 
  • 住所:下高井郡山ノ内町志賀高原木戸池
  • TEL:0269-33-1107
  • 駐車場:あり
  • 入場料:無料

田ノ原湿原のイメージ画像  

田ノ原湿原

貴重な動植物が生息する広大な湿原

ヒメシャクナゲ、ミズバショウ、ワタスゲ、ミズゴケなど貴重な高原湿地植物が多く自生する約7.9ヘクタールの自然湿原。太古の時代、志賀高原にあった巨大な湖の湖底が湿原となって残ったものと言われており、カオジロトンボやクロサンショウウオも生息する。県の天然記念物として保護されているが、湿原の中には遊歩道が整備されており、散策もできるようになっている。

 
  • 住所:下高井郡山ノ内町志賀高原木戸池
  • TEL:0269-33-1107
  • 駐車場:なし
  • 入場料:無料

琵琶池のイメージ画像  

琵琶池

楽器の琵琶に似た池

楽器の琵琶に似た形から名前がついた池。大小70以上ある志賀高原の池でも2番目の大きさで、池のまわりには遊歩道があり散策を楽しめる。

 
  • 住所:下高井郡山ノ内町
  • TEL:
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

東館山高山植物園のイメージ画像  

東館山高山植物園

高山植物が咲き乱れる

東館山ゴンドラリフトの終点、東館山山頂にある高山植物園。園内には、志賀高原の500種もの高山植物が栽培されており、7月下旬から9月下旬まで、園内に整備された1周約30分の遊歩道沿いに様々な花が次々と咲き乱れる。特にニッコウキスゲとエゾリンドウの群落が一面に咲き誇るさまは見事。

 
  • 住所:下高井郡山ノ内町志賀高原
  • TEL:0269-34-2231
  • 駐車場:あり
  • 入場料:大人 1120円、小人 560円(ゴンドラ往復)

志賀山文庫のイメージ画像  

志賀山文庫

洋風木造建築の文学館

上林温泉にある洋風木造建築の文学館。建物は、旧渋沢邸を移築したもので静寂な雰囲気を醸し出している。館内には志賀高原を愛した文化人の作品や資料、約2万点が収蔵されており、企画展を中心に展示される。

 
  • 住所:下高井郡山ノ内町上林
  • TEL:0269-33-1929
  • 駐車場:あり
  • 入場料:大人 310円、小人 160円

サンバレースキー場のイメージ画像  

サンバレースキー場

志賀高原の玄関口にあるゲレンデ

20以上のゲレンデがある志賀高原の起点となるスキー場。数は少ないが、初級者から上級者まで楽しめるコースが揃う。上部西側に「丸池スキー場」、丸池の奥に「蓮池スキー場」が連なる。

 
  • 住所:下高井郡山ノ内町志賀高原
  • TEL:0269-34-2255
  • 駐車場:あり
  • 入場料:1日券大人4,800円、子供2,400円(志賀高原エリア共通券)

横手山スキー場のイメージ画像  

横手山スキー場

日本で最も高いところにあるゲレンデ

標高約2,305m、長野県と群馬県の県境にそびえる名山・横手山に広がるスキー場。 国内のスキー場としては最も標高の高い所に位置し、山頂からの眺めは志賀高原随一と評判。晴れた日には、遠く日本海や富士山までを見渡せる。また、山頂にあるパン屋は日本一高いところにあるパン屋としても人気。

 
  • 住所:下高井郡山ノ内町志賀高原横手
  • TEL:0269-34-2600
  • 駐車場:あり
  • 入場料:1日券大人4,800円、子供2,400円(志賀高原エリア共通券)

間欠泉のイメージ画像  

間欠泉

その昔、大地獄と恐れられていた場所

地獄谷温泉から程近い場所に噴き上がる間欠泉。地獄谷のシンボルとして、ダイナミックに温泉が水しぶきを上げる姿は圧巻。この間欠泉が、その昔「大地獄」と恐れられていたことから「地獄谷」と呼ばれるようになったという。

 
  • 住所:下高井郡山ノ内町平穏
  • TEL:
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

遠見の湯のイメージ画像  

遠見の湯

北信州の大パノラマを望む露天風呂

北志賀よませスキー場下に立つ、「ホテルセラン」に併設された温泉施設。内湯はないが、広々とした男女別の露天風呂から望む北信州の大パノラマが圧巻。露天風呂は一部東屋がけになっているので、雨や雪の日でも楽しむことができる。

 
  • 住所:山ノ内町夜間瀬
  • TEL:0269-33-2020
  • 駐車場:あり
  • 入場料:大人600円、小人300円

※上記詳細情報は変更されることがあります。お出かけの際は各自治体観光課や主催者へお問い合わせください。