紀州 和歌の浦温泉(きしゅう わかのうらおんせん)の周辺観光地

温泉の周辺観光地の情報

和歌の浦温泉のイメージ画像  

片男波海水浴場

美しいビーチは環境省のお墨つき

およそ1.2kmにわたって美しい砂浜が続く和歌の浦湾にある人気の海水浴場。環境省が選ぶ「快水浴場百選」に名を連ねており、シーズンになると地元和歌山をはじめ、大阪、京都、奈良などから約30万人が訪れ、賑わいを見せる。海の家や売店、シャワー、ロッカーなどの施設も揃い、干潟では潮干狩りも楽しめる。

 
  • 住所:和歌山市和歌浦南3-1740
  • TEL:073-447-9080
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

和歌の浦温泉のイメージ画像  

片男波公園

和歌の浦湾を一望できる憩いの場

和歌の浦湾から和歌川にいたる景勝地・片男波にある公園。噴水広場や日本庭園、万葉の歌碑が並ぶ遊歩道などが整備され、和歌の浦湾を望む眺望も見事。園内にある「万葉館」(入館有料、月曜定休日)には立体写真や出土品などが展示され、和歌山と万葉集のつながりや万葉時代の歌人について知ることができる。

 
  • 住所:和歌山市和歌浦南3-1700-2
  • TEL:073-446-5553
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

和歌の浦温泉のイメージ画像  

和歌山マリーナシティ

海に浮かぶ施設充実のリゾートアイランド

和歌の浦湾につくられた多彩な施設が並ぶ人工島。地中海の港町をイメージしたテーマパーク「ポルトヨーロッパ」や、和歌山の歴史や自然を紹介する「わかやま館」、地元の近海物をはじめとする多彩なシーフードが揃う「黒潮市場」などの他、海釣り公園、天然温泉施設、ホテル、ヨットクラブ、リゾートマンションなどが点在する。

 
  • 住所:和歌山市毛見1527
  • TEL:073-448-0011
  • 駐車場:あり
  • 入場料:施設により異なる

和歌の浦温泉のイメージ画像  

紀州東照宮

豪華絢爛な紀州の権現様

元和7年(1621年)、紀州藩祖・徳川頼宣が父・家康を祀るために創建した神社。社殿は「権現造り」「石の間造り」と呼ばれ、江戸初期の代表的な重要文化財建造物。漆塗り、極彩色の彫刻、狩野、土佐両派の絵など、まさに豪華絢爛な造りで見どころ満載。朱塗りの楼門、拝殿、本殿など7棟が国の重要文化財に指定されている。

 
  • 住所:和歌山市和歌浦西2-1-20
  • TEL:073-444-0808
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

和歌の浦温泉のイメージ画像  

養翠園

広大な敷地に広がる池泉回遊式の武家庭園

紀州徳川家第十代藩主・徳川治寶が文正元年(1818年)から8年もの歳月をかけて造営した西浜御殿別邸。約33,000平方メートルにも及ぶ広大な敷地内には老松に囲まれた池泉回遊式庭園が配され、四季折々の花木なども楽しめる。徳川中期の代表的な武家庭園ともいわれ、国の名勝に指定されている。

 
  • 住所:和歌山市西浜1164
  • TEL:073-444-1430
  • 駐車場:あり
  • 入場料:大人600円、子供300円

加太温泉のイメージ画像  

和歌山城

紀州徳川家の居城

天正13年(1585)、紀州を統一した豊臣秀吉が築城させ、弟の秀長に与えた城。桑山重晴、浅野幸長が城代として入城したが、元和5年(1619)に徳川家康の子・頼宣が入城すると、水戸、尾張と並ぶ徳川御三家の居城となった。重要文化財の岡口門や特産の青石を使った野面積の石垣、西の丸御殿にある池泉観賞式庭園の紅葉渓などが有名。

 
  • 住所:和歌山市一番丁3
  • TEL:073-435-1044
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

※上記詳細情報は変更されることがあります。お出かけの際は各自治体観光課や主催者へお問い合わせください。