玉造温泉(たまつくりおんせん)の歴史秘話

温泉の歴史秘話

日本有数の古湯に今も息づく古代ロマン

宍道湖の南東岸、湖に流れ込む玉湯川を少しさかのぼると、“松江の奥座敷”こと玉造温泉が見えてくる。三方を山に囲まれた温泉街。北流する川の両岸に数寄屋造りの旅館が建ち並び、川に架かるいくつもの小橋とあいまって温泉情緒を高めてくれる。いわゆるネオン街のような歓楽施設もない。どこか重厚で格式高い、独特の折り目正さのようなものさえ感じる一種清冽な空気が漂う。神話に登場する少名彦名命(スクナヒコナノミコト)が発見したと伝えられ、幾多もの歴史書・文学作品にも登場。さらに時代をさかのぼれば天照大神に献上されたといわれる勾玉の産地としても名高い玉造は、まさに古代ロマンの薫りあふれる温泉地だ。

「すなはち川の辺に出湯あり。(中略)一たび濯げばすなはち形容端正しく、再び沐すればすなはち万の病除ゆ。古より今に至るまで験を得ずといふことなし。故れ俗人、神の湯と白ふ」
(川のほとりに温泉がある。一度、湯で体を洗えば美しくなり、ふたたび湯浴みすれば、どんな病気も癒えてしまう。昔から今まで効果のなかった人はいない。だから人々は「神の湯」と呼んでいる)

天平5(733)年に完成したと伝えられ、奈良時代に編纂された諸国風土記(地誌)の中でほぼ唯一完全に近い形で現存する『出雲国風土記』。上記は、その「意宇(おう)の郡」の条に残る玉造温泉と思われるいで湯についての記載だ。「美容」「癒し」という、現在とほぼ同じ視点に立った温泉紹介文が約1,300年も前に書かれていたのは驚きだが、この風土記の紹介により“神の湯”玉造温泉の評判は、畿内をはじめ全国に知れ渡ったという。それは、さらに2世紀余りを隔てた平安中期、時代を代表する女流文学者・清少納言の『枕草子』にも玉造と見られる温泉の名が登場することからも分かる。「湯はななくりの湯、有馬の湯、玉造の湯」とうたわれた「玉造の湯」とは、諸説あるものの玉造温泉という説が有力。出雲から遠く離れた京の都で「三名泉」のひとつに挙げられるとは、当時の人気の高さが伺える。

また、玉造の名が古くから歴史に刻まれたのには、もうひとつ忘れてはならない重要な理由がある。ここ玉造は、弥生時代から盛んに勾玉作りが行なわれてきた“玉作りの里”。温泉地東部にある花仙山から産出するメノウを使い、勾玉作りの技術者集団「玉造部」の職人達によって数々の名品が生まれた。最も有名なのは、神話にも登場する「八尺瓊の勾玉(やさかにのまがたま)」。『古事記』によれば、勾玉作りの祖と言われる神・櫛明玉命(クシアカルダマノミコト)によって作られた名品で、その後ヤマタノオロチを退治したスサノオノミコトにより天照大神に献上され、それが今も伝わる「三種の神器」のひとつとして崇められるようになったという。

「玉造」という地名も勾玉作りに由来するといわれ、今も一大伝統工芸として受け継がれている。温泉地内には“玉作りの里”らしく、勾玉にゆかりのあるスポットがいくつも点在。その筆頭は、温泉街の南のはずれにある「玉作湯神社」。かつての勾玉工房跡に建てられた神社で、拝殿、流波風造の幣殿、大社造の本殿が並び建ち、深い木立に囲まれた境内には古色蒼然とした重厚感が漂う。街の中央を流れる玉湯川に架かる「勾玉橋」もその一つ。勾玉をモチーフにした一風変わった橋で、温泉街のシンボルとして親しまれている。橋全体は何の変哲もないやや古びたコンクリート製の小さな橋だが、川からの湯煙に浮かび上がる長さ2mにも及ぶ勾玉のオブジェが印象的だ。「玉造温泉駅」から徒歩約5分の場所に佇むのは「いずもまがたまの里伝承館」。さらに温泉街東側の山麓に目を転じれば、勾玉作り職人たちの住居跡や工房跡を保存した「出雲玉作史跡公園」。草の斜面に竪穴式住居などが復元され、隣接の「出雲玉作資料館」には遺跡からの出土品が展示されている。これら勾玉ゆかりのスポットをめぐれば、古代よりこの地に生き、珠玉の名品を作り続けた職人達の面影が偲ばれるようである。

効能あらたかな“神の湯”として、神に献上された勾玉の産地として、日本の長き歴史とともに歩みを続けてきた玉造。湯に浸かり、神話の世界に思いを馳せれば、古代よりこの地に息づく神秘がひしひしと伝わってくる。

【人物紹介】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……・・・

《清少納言(せいしょうなごん)》[生没年不詳]
平安中期の女流文学者。学者の家系に生まれ、幼時から学問に優れた。一条天皇の皇后定子に仕え、その縁で多くの宮廷貴族と交流をもった。定子没後、朝廷を退いたといわれる。代表作『枕草子』。

玉造温泉
約2mもの大きな勾玉のオブジェが印象的な「勾玉橋」は、玉造のシンボル的存在。
玉造温泉
温泉街の中心を流れる玉湯川。河原には足湯も設けられている。
温泉地の歴史秘話をご紹介します。あなたの情報もゆこゆこネットで掲載いたしますので、ぜひご投稿ください。 歴史秘話を投稿する