那須湯本温泉(なすゆもとおんせん)の景色写真館

温泉の特徴

泉質:硫黄泉
効能:神経痛、皮膚病、婦人病、胃腸病、リウマチなど
特徴:那須岳の麓に広がる那須温泉郷の中でも、最古の歴史を誇る那須湯本温泉。今から1300年ほど前、現在の共同浴場「鹿の湯」の場所で、手負いの鹿が傷を癒しているのを見て発見されたとか。湯量は豊富で、源泉温は50〜70度。白濁の硫黄泉として有名で、漂白作用が高く美肌効果があると人気。「鹿の湯」のすぐ裏には奈良時代建立の古刹「那須温泉神社」が佇み、温泉の鎮守として今も変わらず那須の湯を見守り続けている。
あなたの撮った写真を、ゆこゆこネットで掲載いたします。 写真を投稿する

こちらのコーナーでは、ゆこゆこネットスタッフおよび、ユーザーの皆様からいただいた写真を紹介しております。
あなたの撮った写真を、ゆこゆこネットで掲載いたします。あなたの素敵な旅の思い出を、ぜひ投稿してください。

殺生石 共同浴場「鹿の湯」 温泉街

殺生石

 

共同浴場「鹿の湯」

 

温泉街

     
投稿者:ピッピさんさん
投稿日:2005-05-09
  投稿者:ゆこゆこネットさん
投稿日:2004-03-12
  投稿者:ゆこゆこネットさん
投稿日:2004-03-12
     
拡大   拡大   拡大      
あなたの撮った写真を、ゆこゆこネットで掲載いたします。 写真を投稿する