湯河原温泉(ゆがわらおんせん)の周辺観光地

温泉の周辺観光地の情報

湯河原梅林のイメージ画像  

湯河原梅林

約4,000本の梅が咲き誇る

幕山の斜面に約4,000本の梅が、ふもとから頂上に向かって開花して行く。最盛期の梅林は、ピンクの絨毯を敷きつめたような素晴らしい景観。

 
  • 住所:足柄下郡湯河原町鍛冶屋
  • TEL:
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

首大仏のイメージ画像  

首大仏

肩から上だけの珍しい陶製の釈迦像

肩から上だけの珍しい陶製の釈迦像。名古屋城主徳川光友が亡き母を弔うために造り、名古屋城内に安置されていたが、戦後になって福泉寺に奉納された。

 
  • 住所:足柄下郡湯河原町
  • TEL:0465-62-2354
  • 駐車場:なし
  • 入場料:なし

五所神社のイメージ画像  

五所神社

頼朝が戦勝を祈願した神社

頼朝が伊豆挙兵の際、戦勝を祈願し、腰につけていた刀を納めたという逸話が残る神社。県道の脇で枝を広げているのは推定樹齢800年の明神の楠。根回り約15.6mの巨木で、幹の中に地蔵尊が安置されている。

 
  • 住所:足柄下郡湯河原町宮下359-1
  • TEL:0465-62-5869
  • 駐車場:なし
  • 入場料:なし

城願寺のイメージ画像  

城願寺

樹齢約800年のビャクシンは天然記念物

土肥氏の菩提寺で、宝篋印塔、多重塔など数十基が立ち並ぶ土肥一族の墓所があることで知られる。樹齢約800年のビャクシンの樹は天然記念物に指定されている。

 
  • 住所:足柄下郡湯河原町城堀252
  • TEL:0465-62-4010
  • 駐車場:なし
  • 入場料:なし

do陶芸館のイメージ画像  

do陶芸館

やきものづくりを気軽に体験

体験陶芸コースが用意されており、世界中にたった一つの自分だけの作品を作陶できる。時間は短いが、信楽の赤土を使い、手回しロクロで作る本格派。作品はスタッフによって施釉、本焼され、約1ヶ月半後には宅配便で届けられる。

 
  • 住所:熱海市泉元門川分字立ヶ窪122-1 
  • TEL:0557-88-3535
  • 駐車場:あり
  • 入場料:大人 4300円  小学生以下 3800円

万葉公園のイメージ画像  

万葉公園

自然を生かした美しい公園

湯河原の名が万葉集に詠まれたことにちなんで造られた公園。清流、滝、巨岩、洞窟等の自然を利用した園内には万葉集に登場する植物約90種が植えられ、歌札がその1本1本に添えられている。

 
  • 住所:足柄下郡湯河原町宮上
  • TEL:
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

土肥城址のイメージ画像  

土肥城址

伊豆大島まで見渡せる景勝地

標高約563mの城山・土肥城址は、平安から鎌倉時代にかけて湯河原の一大勢力だった土肥一族の城跡。相模湾、真鶴岬、伊豆大島などが見渡せる景勝地として有名。

 
  • 住所:足柄下郡湯河原町鍛冶屋
  • TEL:
  • 駐車場:なし
  • 入場料:なし

不動滝のイメージ画像  

不動滝

緑に囲まれた落差約15mの滝

奥湯河原の最奥、藤木川の支流にかかる落差約15mの名瀑。滝の左側には身代わり稲荷、右側には出世大黒尊が祭られている。新緑、紅葉時の景観はとくに美しい。

 
  • 住所:足柄下郡湯河原町宮上
  • TEL:
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

湯河原ゆかりの美術館のイメージ画像  

湯河原ゆかりの美術館

地元の美術が堪能できる美術館

老舗旅館を改修して湯河原ゆかりの作品を一堂に集めた湯河原ゆかりの美術館。多くの文人・墨客に愛されたこの地には、竹内栖鳳や安井曾太郎の絵画をはじめ、山本有三や夏目漱石などの書画や愛用品が数多く展示され、地元の美術を堪能できる。

 
  • 住所:足柄下郡湯河原町宮上623-1
  • TEL:0465-63-7788
  • 駐車場:なし
  • 入場料:大人:600円、小中学生:300円

みかん狩りのイメージ画像  

みかん狩り

みずみずしい果実たちがたわわに実る

10月から12月はみかん狩りのシーズン。眩いばかりの陽光に育まれた果実はみずみずしくて甘味も満点。海を眺めながらのみかん狩りが町内あちこちで体験でき、もぎたての味を持ち帰れる。

 
  • 住所:足柄下郡湯河原町
  • TEL:0465-62-5561
  • 駐車場:なし
  • 入場料:大人 300円 小中学生 200円

※上記詳細情報は変更されることがあります。お出かけの際は各自治体観光課や主催者へお問い合わせください。