磐梯熱海温泉(ばんだいあたみおんせん)の歴史秘話

温泉の歴史秘話

萩姫伝説

後醍醐天皇の重臣、萬里小路重忠の娘で評判の美女、萩姫が原因不明の病に見舞われた折、侍女の雪枝が平癒を祈願すると、大聖不動明王の化身が現れ「姫の病は東北の方、五百の川を渡る里の霊泉が効く」とお告げがあった。
雪枝は姫と共に険しい旅路の末、白い湯気の漂う五百番目の川に辿り着き、温泉に浴したところ姫の病は恢復し、以前にも増して美しい輝きを取り戻したという。
やがて姫は都に戻り忠勤に励み、雪枝はこの地で安らかに一生を終えた。(情報提供/菅野拓さん)
温泉地の歴史秘話をご紹介します。あなたの情報もゆこゆこネットで掲載いたしますので、ぜひご投稿ください。 歴史秘話を投稿する