• このページをシェア

くまのゆすずりかわ熊の湯硯川温泉

硫黄の香りと緑色のお湯が体にからみつく名湯

温泉独特の硫黄の香りに、思わず期待が胸にふくらむ。志賀高原の最奥、標高約1700mの場所に信州随一の名湯がこんこんと湧き出る。幕末の嘉永元年(1848年)、実地踏査をした松代藩士・佐久間象山が発見したと伝えられる温泉は、とにかくお湯の良さが自慢。 白濁した緑色のお湯と硫黄臭が温泉気分を盛り上げ、体に絡みつくような硫黄の香りは数日間体から離れないとか。佐久間象山も「沓野日記」の中で、「手に浸してこれを試むるに、果してよき温泉なり」とその感動を記している。 三好達治をはじめ多くの文人・画家にも愛されたアルプスの眺めと志賀高原。美しい自然の中で本物の温泉に出会う喜びを、ぜひとも味わってみたい。

熊の湯硯川温泉の宿一覧(1件)を見る

温泉の特徴

泉質 硫黄泉
効能 リウマチ、筋肉痛、高血圧、動脈硬化、皮膚病、糖尿病

「熊の子のけがして足を洗へるが 開祖といひて伝はるいで湯」と詠んだのは与謝野晶子。多くの文化人ゆかりの温泉は、手負いの熊が傷を癒したという故事から「熊の湯」という名前が付いたとか。硫黄濃度が高く、効能豊かな緑色のお湯は飲泉も可能。胃腸病に効くといわれるが、強い苦味があるので覚悟はしておきたい。湯量は豊富で、もちろん源泉かけ流し。温泉らしい温泉をじっくりと堪能できる。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

長野県下高井郡山ノ内町志賀高原

アクセス

  • でお越しの方

    信州中野ICから車で約30分

  • 電車でお越しの方

    湯田中駅からバスで約40分

このサイトをシェアされたい方はこちら