青荷温泉(あおにおんせん)の周辺観光地

温泉の周辺観光地の情報

青荷温泉のイメージ画像  

虹の湖公園ふれあいの広場

ダム湖畔に造られたレジャーとショッピングの広場

西十和田いで湯ライン(国道102号線)沿いに、ダム湖を利用して造られた多目的広場。平成5年以降は「道の駅」も兼ねている。園内にはレストハウスをはじめ、無料休憩所、バーベキュー広場、スポーツ広場、アスレチック、パターゴルフ場、つり池、大型遊具などが完備されて一日中楽しめ、またイタリアのトレビの泉を模した「加伊寿の泉」やシャクヤク園も併設されている。

 
  • 住所:黒石市沖浦字山神1-5
  • TEL:0172-54-2348
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

青荷温泉のイメージ画像  

中野もみじ山

古木、銘木もある紅葉の名所

約100種類のモミジが鮮やかに色づく紅葉の名所。亨和2年(1802)年、弘前藩主津軽寧親が京都から苗を取寄せ移植したことにはじまり、現在では約2kmの散策路が整備されている。山中には津軽三不動のひとつ「中野神社」と不動館城跡があり、殊に中野神社の樹齢約200年のモミジとモミの木、樹齢約500〜700年の大杉は市の天然記念物。10月初旬〜11月初旬は紅葉が夜間ライトアップされる。

 
  • 住所:黒石市南中野
  • TEL:0172-52-3488
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

青荷温泉のイメージ画像  

津軽こけし館

約4,000本のこけしと1億円の純金こけしが圧巻

「津軽伝承工芸館」に隣接して建つこけしの博物館。東北各地を中心に全国から集められた約4,000本のこけしのほか、珍しい木地玩具もあわせて展示されており、特に人気を呼んでいるのが1億円で製作された「純金こけし」と、台座までが2mもある日本一の「木だるま」。展示館外装は、国指定重要文化財となっている江戸時代の商家イメージした建築で、多目的広場には約4mのこけし大看板も設置している。

 
  • 住所:黒石市袋字富山72-1
  • TEL:0172-59-5300
  • 駐車場:あり
  • 入場料:300円

青荷温泉のイメージ画像  

津軽伝承工芸館

多様な津軽の伝統文化を実演

「津軽こけし館」に隣接して建つ、津軽の伝統的な文化の展示・実演施設。「つがるの食」「手焼きせんべい」「津軽塗」「わら工芸」「陶芸(烏城焼)」「ねぷた」「北の工人」の7つの工房で、それぞれ職人が実演している。館内には食事処や足湯も併設。

 
  • 住所:黒石市袋字富山65-1
  • TEL:0172-59-5300
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

青荷温泉のイメージ画像  

中世陶芸の郷・烏城焼

名品が一堂に会した陶器展示館

陶芸家の今井理桂氏が焼き上げた烏城焼が展示されている「自然釉ギャラリー」、備前、信楽、常滑、越前、丹羽、瀬戸、伊万里の各名品を集めた「古陶磁館」、長さ約30mの登り窯がある「三筋工房窯場」からなる、平成8年にオープンした陶器展示館。

 
  • 住所:黒石市大字豊岡字狼森27
  • TEL:0172-53-3082
  • 駐車場:あり
  • 入場料:大人600円、小・中学生300円

黒石のこみせのイメージ画像  

黒石のこみせ

今に残る藩政時代の街並み

黒石市の中町通りに残る、江戸時代からのアーケード状街路。ほぼ完全な形で残されているのは全国に例がなく、「日本の道百選」にも選定されている。古色に満ちた重厚な街並みに、国の重要文化財「高橋家住宅」をはじめとする造り酒屋、蔵などが建ち並ぶ。

 
  • 住所:黒石市中町
  • TEL:0172-52-2111
  • 駐車場:あり
  • 入場料:無料

※上記詳細情報は変更されることがあります。お出かけの際は各自治体観光課や主催者へお問い合わせください。