碇ヶ関温泉郷(いかりがせきおんせんきょう)の周辺観光地

温泉の周辺観光地の情報

碇ヶ関御関所のイメージ画像  

碇ヶ関御関所

1586年に設置されていた関所を復元。古文書や刀なども展示

津軽藩と秋田藩の境界線に1586年に設置されていた関所を復元。古文書や刀を展示し、ロウ人形で当時の様子なども再現されている。食事処もあり、イワナの塩焼きや山菜そばなど、郷土色豊かな料理を味わえる。

 
  • 住所:平川市碇ヶ関西碇ヶ関山
  • TEL:0172-45-2116
  • 駐車場:あり
  • 入場料:大人200円、小・中学生100円

温泉交流館 御仮屋御殿のイメージ画像  

温泉交流館 御仮屋御殿

ヒバの香り漂う湯船を設置した温泉施設

「道の駅 いかりがせき」に建つ温泉施設。青森ヒバを使用した大浴場や貸切風呂、また、ドイツの鉱山から産出した「トロン原石」が元である浴素と遠赤外線を使用した“トロンサウナ”も設置。温泉資料館や土産店もある。

 
  • 住所:平川市碇ケ関阿原23-2
  • TEL:0172-46-9355
  • 駐車場:あり
  • 入場料:大人200円、子供100円

たけのこの里のイメージ画像  

たけのこの里

コテージ宿泊&日帰りOK、温泉入浴もできる渓流沿いの自然休暇村

温泉やコテージ、食堂、遊具広場、バーベキュー広場などの施設を備える、渓流沿いの自然休暇村。釣り池ではイワナやニジマス釣りを楽しめる。日帰り温泉入浴のみの利用も可能。

 
  • 住所:平川市碇ヶ関東碇ヶ関山1-128
  • TEL:0172-45-3131
  • 駐車場:あり
  • 入場料:コテージ宿泊料金1棟8,000円〜、日帰り料金2時間3,000円(1時間毎にプラス1,000円)。日帰り温泉利用(宿泊者は無料)・・・大人200円、小学生以下100円

古懸山不動院国上寺のイメージ画像  

古懸山不動院国上寺

聖徳太子が建立した、津軽三不動のひとつである寺院

真言宗智山派・津軽三不動の一つであり、推古天皇の時代に聖徳太子によって阿闍羅山に建立された寺院。その後、渡来僧の円智が不動明王を本尊として造立し、北条時頼が現在の地に再興した。初代津軽藩主為信公より、代々に渡って津軽家の祈願所となり、地元の人々にも信仰が広まっていったと伝えられる。

 
  • 住所:平川市碇ヶ関
  • TEL:0172-45-2446
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

葛西善蔵文学碑のイメージ画像  

葛西善蔵文学碑

三笠山の中腹に建つ、葛西善蔵の文学碑

大正時代に名作を生み出した作家・葛西善蔵の文学碑。葛西善蔵は小学校時代を碇ケ関村で過ごしていた。後に東京へ移り、『子をつれて』『蠢く者』『酔狂者の独白』などの作品を残し、昭和3年に肺病により生涯を閉じる。三笠山の中腹に建つこの碑は、昭和31年に「葛西善蔵文学顕彰会」の手により建立された。

 
  • 住所:平川市碇ケ関
  • TEL:
  • 駐車場:なし
  • 入場料:なし

※上記詳細情報は変更されることがあります。お出かけの際は各自治体観光課や主催者へお問い合わせください。