下風呂温泉(しもふろおんせん)の周辺観光地

温泉の周辺観光地の情報

海峡いさりび公園のイメージ画像  

海峡いさりび公園

下風呂温泉の観光拠点

神秘的な二見岩やその周辺の自然条件を活かし、潮の干満を利用して内海に海水を引き込むように造られている公園。園内には、対岸の北海道を一望できる展望台、下風呂温泉とゆかりの深い作家・井上靖の文学碑、同志社大学創始者・新島襄の寄港記念碑など、見どころも多い。

 
  • 住所:下北郡風間浦村大字下風呂
  • TEL:0175-35-2111
  • 駐車場:あり
  • 入場料:無料

井上靖文学碑のイメージ画像  

井上靖文学碑

碑の名前の横に落款を彫り込んだ数少ない碑

昭和33年3月9日に下風呂温泉郷を訪れて2晩宿泊し、津軽海峡が見渡せる旅館の一室で小説『海峡』の終局を執筆した井上靖の文学碑。下北半島を舞台に様々な人間が織りなす愛の交錯を描いた作品で、終章には下風呂温泉郷が「いさり火の見える温泉」として紹介されている。

 
  • 住所:下北郡風間浦村下風呂
  • TEL:0175-35-2111
  • 駐車場:あり
  • 入場料:無料

二見岩のイメージ画像  

二見岩

伊勢の二見岩と並ぶ神秘の岩

神秘的な岩の形が、多くの人々を惹きつける景勝地。海上祈願の恵比須さまが奉られており、大蛇の化身という伝説もある。

 
  • 住所:下北郡風間浦村
  • TEL:0175-35-2111
  • 駐車場:あり
  • 入場料:無料

新島襄寄港記念碑のイメージ画像  

新島襄寄港記念碑

新島襄が下風呂に寄港したことを伝える記念碑

洋式帆船「快風丸」に乗船し品川から函館へ向かい、荒天のため下風呂港に寄港した新島襄の記念碑。下風呂に2日間滞在し、その様子を函館までの航海中につけていた日記『函館紀行』に、本土最後の寄港地として記している。また、下風呂温泉が高名なことも一緒に伝えている。

 
  • 住所:下北郡風間浦村下風呂
  • TEL:0175-35-2111
  • 駐車場:あり
  • 入場料:無料

活イカ備蓄センターのイメージ画像  

活イカ備蓄センター

新鮮なイカに舌鼓を打つ

地元でとれた新鮮なイカを提供するための施設。300パイのイカを常時備蓄できる水槽があり、その場で活イカの刺身なども食べられる。「元祖烏賊様レース」の常設レース場も設置されており、レース開催期間中は誰でも参加することができる。

 
  • 住所:下北郡風間浦村大字下風呂字下風呂127
  • TEL:0175-36-2112
  • 駐車場:あり
  • 入場料:無料

※上記詳細情報は変更されることがあります。お出かけの際は各自治体観光課や主催者へお問い合わせください。