蔦温泉(つたおんせん)の周辺観光地

温泉の周辺観光地の情報

谷地温泉のイメージ画像  

谷地湿原

八甲田東麓にある高山植物の聖域

八甲田山東麓、標高約800mの高原にある、周囲をブナの原生林で囲まれた広大な湿原。十和田八幡平国定公園の一部で、ミズバショウ、レンゲツツジ、サワギキョウ、ワタスゲなどの高山植物が自生する。12月から4月までは深い雪に覆われるが、初夏の新緑、高山植物が美しく咲き乱れる夏、そして八甲田の山裾まで紅葉が連なる秋の風景は絶景。湿原内は立ち入りできないが、湿原を望むビューポイントが周辺に数多く存在する。谷地温泉と隣接しており、同温泉の駐車場、展望台などの設備も利用可能。

 
  • 住所:十和田市八甲田谷地温泉
  • TEL:0176-72-2311
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

谷地温泉のイメージ画像  

睡蓮沼

高山植物と眺望が見事な峠の小沼

十和田ゴールドラインの最高点である、標高約1,040mの傘松峠のほど近くにある沼。この周囲は高田萢(たかだやち)と呼ばれる高層湿原で、多くの池塘が点在している。高山植物の宝庫で、6月上旬にはミズバショウが一面に咲くほか、夏には沼の名称のもととなった白いスイレン(エゾヒツジグサ)が水面を飾る。10月には紅葉が見られ、池畔には八甲田山の高田大岳を一望できる展望ステージもある。

 
  • 住所:十和田市高田大岳登山口
  • TEL:0176-75-2425
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

谷地温泉のイメージ画像  

蔦の七沼

野鳥のさえずりを耳に森の中の沼めぐり

八甲田連峰の赤倉岳の噴火によってできた7つの沼。やや離れた赤沼を除く、蔦温泉に比較的近い蔦沼、鏡沼、月沼、ひょうたん沼、菅沼、長沼の6沼を結んで自然教育路「沼めぐりの小路」(約2.8km)が整備されている。野鳥の宝庫であるブナ原生林「蔦野鳥の森」を抜ける所要1時間程度の道のりで、夏には森林浴と野鳥のさえずりが楽しめる。

 
  • 住所:十和田市奥瀬蔦野湯
  • TEL:0176-72-2311
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

谷地温泉のイメージ画像  

石ヶ戸

女盗賊の伝説が残る奥入瀬探勝の入口

その昔、旅人をおびやかした美人盗賊「鬼神のお松」が根城にしていたと伝えられるスポット。石ヶ戸とは方言で岩屋を意味し、その名の通り2本の桂の木に大きな一枚岩が寄りかかって岩屋となっている。このあたりは奥入瀬渓流が最大のカーブを描く景勝地で、駐車場とレストハウスが設けられ、奥入瀬渓流ハイキングの入口のひとつとなっている。

 
  • 住所:十和田市奥瀬
  • TEL:0176-75-2425
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

谷地温泉のイメージ画像  

阿修羅の流れ

急流が岩にぶつかる大迫力のビュースポット

苔むした巨岩に急流が激突する迫力ある景観を愉しめる、奥入瀬きっての景勝地。明治時代の作家・大町桂月が「幽渓ノ寂漠ヲ破ツテ壮観比ナシ」と記した事でも知られる。撮影スポットとしても最適で、夏場を中心にカメラを携えたハイカーが大勢訪れる。自動車で訪れる場合には、徒歩30分ほどの距離にある石ヶ戸駐車場を利用。

 
  • 住所:十和田市奥瀬
  • TEL:0176-72-2311
  • 駐車場:なし
  • 入場料:なし

銚子大滝のイメージ画像  

銚子大滝

落差約7m、横幅約20mの豪快かつ迫力ある「魚止めの滝」

奥入瀬渓流の本流にかかるただ一つの、そして渓流の中でも最大規模の滝。落差約7mに対して横幅が約20mもあり、水量も多いため年間を通して豪快で迫力のある景観を見せている。この滝によって、奥入瀬川をのぼって十和田湖に入ろうとする魚が拒まれることから、「魚止めの滝」という異名も持つ。

 
  • 住所:十和田市奥瀬
  • TEL:0176-72-2311
  • 駐車場:なし
  • 入場料:無料

※上記詳細情報は変更されることがあります。お出かけの際は各自治体観光課や主催者へお問い合わせください。