温湯温泉(ぬるゆおんせん)の景色写真館

温泉の特徴

泉質:塩化物泉
効能:リウマチ、神経痛、胃弱など
特徴:400年以上もの歴史長き古湯。傷を癒している鶴を発見したことが開湯のきっかけと伝えられ、温泉街の中心にある共同浴場「鶴の湯」の名称も開湯伝説にちなんで名づけられたもの。源泉は1つで、源泉名は鶴泉温泉。泉質はナトリウム-塩化物泉(食塩泉)で薄い塩味が感じられる。毎分約435リットルと豊富な湧出量を誇り、飲泉も可能だ。ちなみに泉温は約57度と高温で、温泉名から受ける印象とは違ってぬるくはない。風情あふれる温泉街の雰囲気と湯浴みを堪能し、温泉の愉しさを心ゆくまで味わいたい。
あなたの撮った写真を、ゆこゆこネットで掲載いたします。 写真を投稿する

こちらのコーナーでは、ゆこゆこネットスタッフおよび、ユーザーの皆様からいただいた写真を紹介しております。
あなたの撮った写真を、ゆこゆこネットで掲載いたします。あなたの素敵な旅の思い出を、ぜひ投稿してください。

こけし 黒石よされ

こけし

 

黒石よされ

         
投稿者:ゆこゆこネットさん
投稿日:2007-05-31
  投稿者:ゆこゆこネットさん
投稿日:2007-05-31
         
拡大   拡大          
あなたの撮った写真を、ゆこゆこネットで掲載いたします。 写真を投稿する