薬研温泉(やげんおんせん)の景色写真館

温泉の特徴

泉質:単純泉
効能:疲労回復、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、うちみ、くじき、病後回復期、慢性消化器疾患、痔疾、冷え性など
特徴:開湯は江戸時代初期の1615年と古く、戦に破れた豊臣側の武将がこの地へ流れ着いた時に発見されたと伝えられている古湯。温泉地内には薬師堂があり、豊臣秀頼公持仏の薬師如来像が温泉の守護神として鎮座。また、温泉名の由来は、湯口の形が漢方薬を作る際の道具“薬研台”に似ていたことから名づけられたとされている。湯は無色透明無臭で癖が全くなく、発汗作用が強くて体が芯から温まる。温泉宿によっては、体に負担をかけるので長湯は禁物とされるほど、短時間入浴でも十分に温浴効果を得られる良泉だ。
あなたの撮った写真を、ゆこゆこネットで掲載いたします。 写真を投稿する

こちらのコーナーでは、ゆこゆこネットスタッフおよび、ユーザーの皆様からいただいた写真を紹介しております。
あなたの撮った写真を、ゆこゆこネットで掲載いたします。あなたの素敵な旅の思い出を、ぜひ投稿してください。

薬研渓流 恐山 かっぱの湯 奥薬研温泉

薬研渓流

 

恐山

 

かっぱの湯

 

奥薬研温泉

 
投稿者:ゆこゆこネットさん
投稿日:2007-07-27
  投稿者:ゆこゆこネットさん
投稿日:2007-07-27
  投稿者:ゆこゆこネットさん
投稿日:2007-07-27
  投稿者:ゆこゆこネットさん
投稿日:2007-07-27
 
拡大   拡大   拡大   拡大  
薬研温泉

薬研温泉

             
投稿者:ゆこゆこネットさん
投稿日:2007-07-27
             
拡大              
あなたの撮った写真を、ゆこゆこネットで掲載いたします。 写真を投稿する