男鹿温泉(おがおんせん)の周辺観光地

温泉の周辺観光地の情報

寒風山のイメージ画像  

寒風山

展望台から眼下に広がる大パノラマを満喫

男鹿半島の東側に位置し、標高355メートルの山頂には7分間で1回転する回転展望台がある。男鹿半島全域や遠くは鳥海山を望み、天候がよい時には世界遺産の白神山地まで見渡せる。

 
  • 住所:男鹿市
  • TEL:0185-25-3055
  • 駐車場:あり
  • 入場料:大人550円、小人280円

入道崎のイメージ画像  

入道崎

絶景の夕日と日本海を一望する岬

男鹿半島最北端、北緯40度上に位置する岬でモニュメントもある。高さ30メートルの断崖上には草地が一面に広がり、日本海を一望。特に夕日は絶景で、4月上旬〜10月下旬にかけては男鹿温泉郷から夕日バスが運行する(500円)。

 
  • 住所:男鹿市北浦入道崎
  • TEL:
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

八望台のイメージ画像  

八望台

神秘的な火口湖や男鹿山脈までを見渡す景勝地

戸賀湾や男鹿山脈、世界的にも珍しい神秘的なエメラルド色の火口湖(マール)一の目潟、二の目潟を見渡す男鹿半島随一の景勝地。八方が望めるという地名は高松宮殿下の命名。特に、日本海に沈む夕日を眺める夕景スポットとして知られている。

 
  • 住所:男鹿市戸賀浜塩谷
  • TEL:
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

真山神社のイメージ画像  

真山神社

「なまはげ」ゆかりの古刹

「なまはげ」ゆかりの神社で、12代景行天皇の時代に創建されたと伝わる古刹。平安時代以降、神仏習合の霊山として栄えた。境内のかやの木は慈覚大師の手植えと言われ、樹齢1100年の巨木。毎年2月には「なまはげ紫灯まつり」が開催され、境内には「なまはげ館」や「男鹿真山伝承館」が併設される。

 
  • 住所:男鹿市北浦真山字水喰沢97
  • TEL:0185-33-3033
  • 駐車場:あり
  • 入場料:伝承館・なまはげ館共通券:800円

海底透視船のイメージ画像  

海底透視船

男鹿の海や神秘的な海底の世界を楽しめる遊覧船

日本海に突き出た男鹿半島の奇岩怪石や起伏に富んだ海底、男鹿ならではの海の生き物など神秘的な海底の世界を楽しめる。遊覧コースは入道崎から水島までを一周し、所要時間は約30分。

 
  • 住所:男鹿市北浦入道崎
  • TEL:0185-38-2050
  • 駐車場:あり
  • 入場料:大人1,000円、小人500円

※上記詳細情報は変更されることがあります。お出かけの際は各自治体観光課や主催者へお問い合わせください。