夏瀬温泉(なつせおんせん)の景色写真館

温泉の特徴

泉質:ナトリウム−硫酸塩泉
効能:動脈硬化症、切り傷、火傷など
特徴:江戸時代から守られてきた良質の温泉。県内では玉川温泉に続いてミネラル分が多いと言われている。開湯は、昭和の文献によれば明治37年とされているが、江戸時代の文献が城下町・角館で見つかり、江戸の昔にはすでに開湯していた事実が明らかになった。泉温は約41度、PH8.1の弱アルカリ温泉。湧出量は毎分約113.6リットルでかけ流しで楽しめる。効能は動脈硬化症、切り傷、火傷などのほか、慢性皮膚病やアトピー性皮膚炎の症状緩和・改善などの報告もあるとか。飲用では肥満症や糖尿病、痛風にも効果があり、湯治目的で訪れる湯客も多い。
あなたの撮った写真を、ゆこゆこネットで掲載いたします。 写真を投稿する

こちらのコーナーでは、ゆこゆこネットスタッフおよび、ユーザーの皆様からいただいた写真を紹介しております。
あなたの撮った写真を、ゆこゆこネットで掲載いたします。あなたの素敵な旅の思い出を、ぜひ投稿してください。

武家屋敷通り 角館のさくら 抱返り渓谷 田沢湖

武家屋敷通り

 

角館のさくら

 

抱返り渓谷

 

田沢湖

 
投稿者:ゆこゆこネットさん
投稿日:2007-04-13
  投稿者:ゆこゆこネットさん
投稿日:2007-04-13
  投稿者:ゆこゆこネットさん
投稿日:2007-04-13
  投稿者:ゆこゆこネットさん
投稿日:2007-04-13
 
拡大   拡大   拡大   拡大  
あなたの撮った写真を、ゆこゆこネットで掲載いたします。 写真を投稿する