粟津温泉(あわづおんせん)の歴史秘話

温泉の歴史秘話

粟津温泉の始まり

1300年前、修行に訪れた泰澄大師(たいちょうたいし)により発見された温泉。泰澄大師は粟津温泉のシンボルでもあり、温泉街の中央にある『大王寺(通称・お薬師さん)』は、師の流れを汲む、温泉の守護寺とされております。(情報提供/なりなりさん)
粟津温泉
泰澄大師像
温泉地の歴史秘話をご紹介します。あなたの情報もゆこゆこネットで掲載いたしますので、ぜひご投稿ください。 歴史秘話を投稿する