阿久根温泉(あくねおんせん)の周辺観光地

温泉の周辺観光地の情報

黒之瀬戸大橋のイメージ画像  

黒之瀬戸大橋

万葉集に詠われた急潮にかかるトラス橋

阿久根市と離島の長島町の間を通る海峡に架けられた全長約502mのトラス橋。1970年から4年がかりで建設され、本土との交通の要として利用されている。この海峡は日本三大急流としても名高く、大河のような流れの中に渦潮が見られることもあるという。古くは万葉の時代に、長田王(おさだのおおきみ)が『隼人の薩摩の瀬戸を雲居なす遠くも我は今日見つるかも』と詠ったことでも有名だ。

 
  • 住所:阿久根市−鹿児島県出水郡長島町
  • TEL:
  • 駐車場:なし
  • 入場料:なし

阿久根大島のイメージ画像  

阿久根大島

船で約10分、全国でも有数の美しいビーチを楽しむ

平成13年度環境省選定の「日本の水浴場88選」をはじめ、「快水浴場百選」や「日本の名松100選」にも選ばれている周囲約4kmの美しい海岸線を持つ離島。海水浴はもちろん、キャンプや釣りを楽しむ人で賑わう。阿久根新港渡船場から船で約10分。野生のシカと触れ合うこともできる。

 
  • 住所:阿久根市波留
  • TEL:
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

脇本海水浴場のイメージ画像  

脇本海水浴場

「快水浴場百選」に選ばれた約3kmの白浜ビーチ

海水浴はもちろん、海岸線のドライブや爽やかな散策コースとしても人気のビーチ。全長約3km、奥行き約100mの広大な天然のビーチで、良好な水質が保たれている。また、東シナ海に面しているため、夕焼けは格別美しいと評判だ。

 
  • 住所:阿久根市脇本地区
  • TEL:
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

阿久根七不思議のイメージ画像  

阿久根七不思議

昔から言い伝えられる阿久根市に点在する七不思議スポット

江戸時代末期に編纂された『三國名勝圖會』に登場し、今なお語り継がれている七不思議の名所。岩の下から不思議な光を発するという「光礁(ひかるぜ)」、地底より塩が湧き出る「隔岡(おかごし)の塩田」、天狗伝説の残る「大人の足跡」、住宅地に巨大な岩礁が建ち並ぶ「黒神岩」、舟のような形をした岩の「岩船」、入り口は狭いが中は広い洞窟「佐潟穴」、川尻の無い「尻無川」の全7ヶ所。阿久根の歴史や自然を感じながら、ゆったりと巡ってみたい。

 
  • 住所:阿久根市
  • TEL:
  • 駐車場:なし
  • 入場料:なし

きみよし温泉のイメージ画像  

きみよし温泉

阿久根温泉唯一の公衆浴場

約100年の歴史を持つ、地域に密着した温泉。男湯、女湯とも源泉が掛け流され、泉質の良さが評判。近所のお年寄りたちが多く訪れる、憩いの場としても親しまれている。

 
  • 住所:阿久根市大丸60
  • TEL:0996-72-1174
  • 駐車場:あり
  • 入場料:330円

※上記詳細情報は変更されることがあります。お出かけの際は各自治体観光課や主催者へお問い合わせください。