吹上温泉(ふきあげおんせん)の景色写真館

温泉の特徴

泉質:単純硫黄泉
効能:神経痛、糖尿病、リウマチ、皮膚病など
特徴:開湯時期は定かではないが、農家で飼われていた馬が怪我を癒していたことから発見されたと伝えられる古湯。1574年には薩摩藩主・島津義久が入湯した記録が残り、後には維新の立役者・西郷隆盛や、歌人・斎藤茂吉も好んで湯治に訪れたという由緒正しい名湯だ。多くの温泉が湧き出る鹿児島県の中でも評判の無色透明の単純硫黄泉で、皮膚病や神経痛に効能が高い療養向きの温泉。中には、黒い湯の花が浮かぶ湯や飲泉できる場所も。公衆浴場を始め、各温泉旅館でも手頃な料金で日帰り入浴を楽しめる。
あなたの撮った写真を、ゆこゆこネットで掲載いたします。 写真を投稿する

こちらのコーナーでは、ゆこゆこネットスタッフおよび、ユーザーの皆様からいただいた写真を紹介しております。
あなたの撮った写真を、ゆこゆこネットで掲載いたします。あなたの素敵な旅の思い出を、ぜひ投稿してください。

情報の登録がございません
あなたの撮った写真を、ゆこゆこネットで掲載いたします。 写真を投稿する