• このページをシェア

ひとよし人吉温泉

“九州の小京都”に湯けむり上げる温泉

戦国時代より相良氏の城下町として栄えた“九州の小京都”こと人吉市。JR肥薩線「人吉駅」を中心に狭い路地が行き交い、商店が密集するどこか懐かしい街並みが広がる。 山々に囲まれた人吉盆地の中央には球磨川が流れ、晩秋から初春にかけての朝夕は乳白色の川霧が街を包み込む、別名「霧の都」。斎藤茂吉が「みぎわには 冬草いまだ青くして 朝の球磨(くま)川 ゆ露たちのぼる」と詠んだ幻想的な情景に出合える。 良質の米と球磨川の清流から生まれる球磨焼酎は、ぜひ賞味したい逸品。日本の焼酎文化の中でも古い歴史を持ち、まろやかな口あたりが特徴。歴史深い街を散策し豊富に湧き出る名湯で疲れを癒した後は、お気に入りの焼酎でほろ酔い気分。

人吉温泉の宿一覧(1件)を見る

温泉の特徴

泉質 炭酸水素塩泉、塩化物泉
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛

日本三急流の球麿川に沿っておよそ50の源泉が湧き出る温泉。無色透明の湯や薄い黒湯など多彩な湯が豊富に湧出し、かけ流しで楽しめる。柔らかな肌ざわりで美肌効果が高い湯は飲泉も可能で、「よか男、よか女に大変身できる」と語り継がれる別名「若返りの湯」。開湯時期は不明だが、1492年には肥後国を支配した戦国大名・相良為続が入湯した記録も残る500年以上の歴史を誇る古湯だ。温泉街には31軒もの公衆浴場(立ち寄り湯を含む)が点在。中には大正~昭和初期より続く古い浴場もあり、温泉が人々の暮らしの中で息づく姿を垣間見ること

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

熊本県人吉市

アクセス

  • でお越しの方

    人吉ICから車で約5分

  • 電車でお越しの方

    人吉駅から徒歩約3~15分

このサイトをシェアされたい方はこちら