法師温泉(ほうしおんせん)の景色写真館

温泉の特徴

泉質:カルシウム・ナトリウム硫酸塩泉
効能:胃腸病、火傷、動脈硬化など
特徴:上越国境近く、三国峠より流れ出る西川の最上流部に湧き出る秘湯。1,200年ほど前の平安時代、弘法大師が巡礼の際に発見したとの開湯伝説から「法師の湯」と呼ばれるようになったという。現在もこんこんと湧き出る湯は、無色透明で泉温は約43度とややぬるめ。アルカリ性を帯び、柔らかな感触が特徴だ。一軒宿「長寿館」では、明治28年に完成した混浴大浴場「法師乃湯」が今も現役。湯船の底に敷き詰められた玉石の間から自然湧出する純度100%の源泉が自慢で、浴槽の周りの箱を脱衣場として使う「法師温泉流」の入浴法が常連客を中心に採られている。平成11年には、近隣の湯宿・川古両温泉とともに国民保養温泉地にも指定された。
あなたの撮った写真を、ゆこゆこネットで掲載いたします。 写真を投稿する

こちらのコーナーでは、ゆこゆこネットスタッフおよび、ユーザーの皆様からいただいた写真を紹介しております。
あなたの撮った写真を、ゆこゆこネットで掲載いたします。あなたの素敵な旅の思い出を、ぜひ投稿してください。

法師乃湯 たくみの里 月夜野ビードロパーク

法師乃湯

 

たくみの里

 

月夜野ビードロパーク

     
投稿者:ゆこゆこネットさん
投稿日:2006-10-20
  投稿者:ゆこゆこネットさん
投稿日:2006-10-20
  投稿者:ゆこゆこネットさん
投稿日:2006-10-20
     
拡大   拡大   拡大      
あなたの撮った写真を、ゆこゆこネットで掲載いたします。 写真を投稿する