名栗ラジウム温泉(なぐりらじうむおんせん)の景色写真館

温泉の特徴

泉質:ラジウム鉱泉
効能:打身、神経痛、胃腸病、切り傷など
特徴:大正時代創業の一軒宿「大松閣」に湧く歴史ある温泉。承久年間(1219〜21年)に、湯でけがを治している鹿を見つけた猟師によって発見されたと伝わる。大正時代には、歌人・若山牧水が秩父から妻坂峠を越えた際に訪れ、「ちろちろと岩つたふ水に這ひあそぶ赤き蟹ゐて杉の山静か」など、名栗渓谷の自然美を詠った多くの歌を残している。静かな山間に位置し、四季折々の自然を肌で感じることが出来るのも嬉しい。そして川魚や山の幸をとり入れた会席料理に舌鼓を打てば、心身ともに心地良く癒されていく。
あなたの撮った写真を、ゆこゆこネットで掲載いたします。 写真を投稿する

こちらのコーナーでは、ゆこゆこネットスタッフおよび、ユーザーの皆様からいただいた写真を紹介しております。
あなたの撮った写真を、ゆこゆこネットで掲載いたします。あなたの素敵な旅の思い出を、ぜひ投稿してください。

鮎 岩魚の塩焼き

 

岩魚の塩焼き

         
投稿者:ゆこゆこネットさん
投稿日:2007-06-06
  投稿者:ゆこゆこネットさん
投稿日:2007-06-06
         
拡大   拡大          
あなたの撮った写真を、ゆこゆこネットで掲載いたします。 写真を投稿する