海潮温泉(うしおおんせん)の周辺観光地

温泉の周辺観光地の情報

海潮温泉のイメージ画像  

須我神社

ヤマタノオロチ伝説の須佐之男命が建立した古社

須佐之男命(スサノオノミコト)が大蛇を退治した後、櫛名田比賣(クシナダヒメ)と結ばれて造ったとされる神社。この二人と御子神が主祭神として祀られ、夫婦円満、子授かり、出産の守護と除災などのご利益があるといわれている。

 
  • 住所:雲南市大東町須賀260
  • TEL:0854-43-2906
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

海潮温泉のイメージ画像  

八雲山

須佐之男命が歌を詠んだ和歌発祥の地

「八雲立つ出雲八垣つまごみに 八垣つくるその八垣を」と須佐之男命(スサノオノミコト)が詠ったことから、和歌発祥の地として広く知られる地。八雲山(約426m)の頂上までは歌碑・句碑が立ち並び、散策がてら歌を楽しむこともできる。また「夫婦岩」と呼ばれる寄り添う巨岩も見どころのひとつ。頂上からは宍道湖から中海方面、晴れていれば大山・隠岐島まで見渡せ、絶好のビュースポットとして人気が高い。

 
  • 住所:雲南市大東町
  • TEL:
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

海潮温泉のイメージ画像  

山王子の棚田

「日本の棚田百選」に認定されたのどかな原風景

松江から約20kmほどの地点に広がる、500年余りの歴史を持つ棚田。緩やかな階段状に広がる水田は、これぞ日本の原風景といった趣き。

 
  • 住所:雲南市大東町
  • TEL:
  • 駐車場:なし
  • 入場料:なし

海潮温泉のイメージ画像  

古代鉄歌謡館

神楽やたたら歌などの民俗文化を展示

出雲地方に伝わる神楽・たたら歌などを、映像と展示を交えて分かりやすく紹介。また、神楽や大蛇演劇などの公演も行う劇場も設置されている。

 
  • 住所:大東町中湯石
  • TEL:0854-43-6568
  • 駐車場:あり
  • 入場料:210円

海潮温泉のイメージ画像  

海潮温泉・健康ランド ゆとりの里

海潮温泉の湯を利用した地元の人が集まる健康ランド

超音波気泡風呂、バイブラ風呂、薬湯風呂など6種類の湯船が楽しめる健康ランド。タオルの貸出しOKで食事処も完備。手軽に利用できる点も人気が高く、週末には多くの地元客で賑わう。

 
  • 住所:大原郡大東町大字中湯石
  • TEL:0854-43-4500
  • 駐車場:あり
  • 入場料:500円

八俣の大蛇公園のイメージ画像  

八俣の大蛇公園

ヤマタノオロチ観光の出発点

八俣の大蛇と須佐之男命が対決した場面を再現したモニュメントのある公園。ヤマタノオロチ観光の出発点として親しまれている。斐伊川沿いに位置し、堤防の桜並木が満開になるシーズンは特に眺望が素晴らしい。園内にある「箸拾いの碑」も見どころのひとつ。

 
  • 住所:雲南市木次町
  • TEL:
  • 駐車場:なし
  • 入場料:なし

おろち湯ったり館のイメージ画像  

おろち湯ったり館

7つの湯船と温水プールのある健康増進施設

かぶり湯、全身部分浴、気泡浴、圧注浴、寝湯、露天風呂、サウナ風呂の7つの湯船と全長15m×3コースの温水プールから成る健康増進施設。町に伝わる「ヤマタノオロチ伝説」をモチーフにして造られたオブジェが出迎えてくれる。

 
  • 住所:雲南市木次町大字木次952
  • TEL:0854-42-9181
  • 駐車場:あり
  • 入場料:一般500円、65歳以上400円、小学生250円

八本杉のイメージ画像  

八本杉

ヤマタノオロチの首が眠る古戦場

8つの頭と8つの尻尾を持つ大蛇・ヤマタノオロチと、勇敢に立ち向かったスサノオノミコトが決戦したとされる場所。ヤマタノオロチを退治したスサノオノミコトは、大蛇の首を切り落として、現在も力強く伸びる8本の杉で封印したと伝えられている。

 
  • 住所:雲南市木次町
  • TEL:
  • 駐車場:なし
  • 入場料:なし

きすき桜並木(桜トンネル)のイメージ画像  

きすき桜並木(桜トンネル)

「桜の名所百選」に認定された桜トンネル

斐伊川の清流に沿って約2kmも続く桜の名所。中国地方随一の桜の名所として名を馳せ、シーズンになると各方面から行楽客が訪れる。「桜の名所百選」認定。町のシンボルとして大切に守られており、シーズン中にはライトアップなどのイベントも行われる。

 
  • 住所:雲南市木次町
  • TEL:
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

奥出雲おろち号のイメージ画像  

奥出雲おろち号

木次線木次〜備後落合間を結ぶかわいいトロッコ列車

奥出雲の話題のスポットを結ぶレトロなトロッコ列車。温泉地や神話が息づく史跡めぐりの交通手段におすすめ。大自然を駆け抜ける列車には向かい合わせのオープンエアのシートが施され、頬を撫でる風も一層爽快に感じられる。

 
  • 住所:雲南市木次町(JR木次駅)
  • TEL:0854-42-0127
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

※上記詳細情報は変更されることがあります。お出かけの際は各自治体観光課や主催者へお問い合わせください。