湖陵温泉(こりょうおんせん)の周辺観光地

温泉の周辺観光地の情報

立久恵峡のイメージ画像  

立久恵峡

山水画の世界が静かに広がる

神戸川の清流に沿って奇岩・柱石がそそり立ち、割れた岩肌に老松古木が絡む景勝地。古くから「仙境」と呼ばれ、春は山桜、夏は若葉の緑、秋の紅葉に冬の雪景色が楽しめる。特に秋と冬の景観が人気。

 
  • 住所:出雲市乙立町
  • TEL:0853-21-6588
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

わかあゆの里のイメージ画像  

わかあゆの里

清流・神戸川に囲まれた大自然の中のキャンプ場

立久恵峡の上流にある平成11年にできたオートキャンプ場。渓谷の散策や川遊び、釣りなどアウトドアレジャーも楽しめる。

 
  • 住所:出雲市乙立町5263-14
  • TEL:0853-45-0102
  • 駐車場:あり
  • 入場料:見学無料

目田森林公園のイメージ画像  

目田森林公園

ファミリーに人気の多目的公園

目田池のほとりに作られたバンガロー、オートキャンプ場、大型遊具、ミステリーハウス、迷路、フィールドアスレチック、イベント広場、セミナーハウス等の施設があるファミリーに人気の公園。

 
  • 住所:出雲市佐田町
  • TEL:0853-84-0805
  • 駐車場:あり
  • 入場料:大人200円 子供100円

出雲大社のイメージ画像  

出雲大社

全国各地から参拝者が訪れる縁結びの神様

「国譲りの神話」の主人公、大国主命(おおくにぬしのみこと)を祀り、縁結びの神様として親しまれている神社。現在の本殿は、1744年に建てられた大社造りの代表建築で、国宝にも指定されている。

 
  • 住所:出雲市大社町杵築東195
  • TEL:0853-53-3100
  • 駐車場:あり
  • 入場料:境内自由 宝物殿500円

立久恵山霊光寺・五百羅漢のイメージ画像  

立久恵山霊光寺・五百羅漢

浮雲律師の行脚を偲ばせる古寺

1,200年余り前、高野山の学僧・浮雲律師がこの地方を行脚した際に建立された山奥の古寺。寺宝として、板戸に描かれた一匹の猫の絵(石橋和訓氏筆)を所蔵。参道下には「五百羅漢」と呼ばれる約1,000体の石仏の群像があり、道行く人も思わず足を止めて手を合わせる。

 
  • 住所:出雲市
  • TEL:
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

くにびき海岸道路のイメージ画像  

くにびき海岸道路

日本海に沿って走る爽快なドライビングコース

国道9号線にある道の駅「キララ多岐」から、西日本一の灯台が建つ「日御碕」まで続くシーサイドライン。昼間は観光名所や海を眺めながらの爽快なドライブが楽しめる。また、日本海に沈む雄大なサンセットが有名で、金色に輝く夕陽と白砂の海岸線の美しい光景が旅のワンシーンを演出する。

 
  • 住所:出雲市多伎町〜大社町
  • TEL:
  • 駐車場:なし
  • 入場料:なし

神西湖のイメージ画像  

神西湖

シジミの名産地として有名な恵み豊かな汽水湖

周囲約5km、水深約1.5m、『出雲国風土記』の中で「神門水海(かんどのみずうみ)」と紹介されている由緒ある小さな湖。日本海の海水と淡水の入り混じる汽水湖で、日本でトップクラスのシジミの漁獲量を誇る。また、ウナギ、コイ、フナ、ボラなどが生息するフィッシングポイントとしても親しまれており、湖面にボートを浮かべてのんびりと釣り糸を垂らす姿もよく見られる。

 
  • 住所:出雲市湖陵町
  • TEL:
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

島根県立古代出雲歴史博物館のイメージ画像  

島根県立古代出雲歴史博物館

出雲に息づく神々の歴史を分かりやすく展示

平成19年3月、出雲大社の東に新設された注目の博物館。エントランスを抜けると、古代出雲大社の高層神殿を支えた巨大な柱が展示される「中央ロビー」が広がる。1/10サイズに復元した本殿復元模型などが展示される「テーマ別展示室」、島根の人々の生活と交流をテーマにした「総合展示室」、出雲神話シアターを設けた「神話展示室」、企画展の催される「特別展示室」など見所多数。国宝・重要文化財の公開もあり、出雲の新しい観光名所として人気の高まりを見せている。

 
  • 住所:出雲市大社町杵築東99-4
  • TEL:0853-53-8600
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

安子神社のイメージ画像  

安子神社

安産・子孫繁栄に御利益がある霊験あらたかな社

毎年4月8日に行われる神事「お田植安産神事」で有名な、コノハナサクヤヒメを祀った神社。安産・子孫繁栄を祈願する神社としても有名。全国各地にある安産祈願の神社の中でも、神事として執り行っている神社は少ない。

 
  • 住所:出雲市湖陵町常楽寺757
  • TEL:0853-43-1492
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

石見銀山のイメージ画像  

石見銀山

江戸時代の面影が色濃く残る銀の町

2007年、ユネスコ世界遺産に登録された銀山跡。1526年から本格的に銀が掘り出され、日本国内だけでなく海外へも流出し活発な交易を支えた。その量は、世界の銀産出量の3分の1を占めていたとも。やがて徳川幕府の直轄領となり、幕府の栄華の源となった。現在も掘り口や古い町並みなどが残り、当時の面影を感じることができる。

 
  • 住所:大田市大森町
  • TEL:0854-82-1600
  • 駐車場:なし
  • 入場料:なし

※上記詳細情報は変更されることがあります。お出かけの際は各自治体観光課や主催者へお問い合わせください。