三瓶温泉(さんべおんせん)の周辺観光地

温泉の周辺観光地の情報

国立公園三瓶山のイメージ画像  

国立公園三瓶山

『出雲国風土記』の国引き神話の舞台

出雲国に伝わる島根半島を作ったと語られる有名な神話の舞台としても知られる、中国地方を代表する火山。現在はキャンプ場や学習施設の整う「北の原」、冬はスキーが楽しめる「東の原」、牛がのどかに放牧されている「西の原」、そして南麓に温泉街が広がる。エリアごとに高原レジャーが盛んに行われ、2〜4時間で楽しめるハイキングコースも人気。季節の野草を眺めながら澄み切った空気を思い切り吸い込めば、体の奥からリフレッシュできる。

 
  • 住所:大田市三瓶町
  • TEL:0854-82-1600
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

石見銀山のイメージ画像  

石見銀山

江戸時代の面影が色濃く残る銀の町

2007年、ユネスコ世界遺産に登録された銀山跡。1526年から本格的に銀が掘り出され、日本国内だけでなく海外へも流出し活発な交易を支えた。その量は、世界の銀産出量の3分の1を占めていたとも。やがて徳川幕府の直轄領となり、幕府の栄華の源となった。現在も掘り口や古い町並みなどが残り、当時の面影を感じることができる。

 
  • 住所:大田市大森町
  • TEL:0854-82-1600
  • 駐車場:なし
  • 入場料:なし

大森銀山重要伝統的建造物群保存地区のイメージ画像  

大森銀山重要伝統的建造物群保存地区

銀山の町の目抜き通り

江戸時代に武家屋敷や町家が軒を連ねた歴史深い町並み。当時の代官所、御用商人の熊谷家や両替商の寺脇家などが残り、当時の面影を偲ばせる。

 
  • 住所:大田市大森町
  • TEL:0854-89-0330
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

温泉津温泉のイメージ画像  

石見銀山資料館

「石見銀山」の歴史を紹介

石見銀山の資料を展示する資料館。幕府の直轄地天領だった銀山を治める為の大森代官所跡や、『紙本石見銀山絵巻』など、見所多数。

 
  • 住所:大田市大森町ハ51-1
  • TEL:0854-89-0846
  • 駐車場:あり
  • 入場料:500円

温泉津温泉のイメージ画像  

龍源寺間歩

石見銀山の過酷な労働の跡を残す坑道

江戸幕府の直轄御直山と呼ばれた、石見銀山の坑道の一つ。現在、唯一中に入れる坑道で、かつては「間歩(まぶ)」と呼ばれていた。全長は約273mにも及ぶ。

 
  • 住所:大田市大森町銀山
  • TEL:0854-89-9090
  • 駐車場:なし
  • 入場料:400円

※上記詳細情報は変更されることがあります。お出かけの際は各自治体観光課や主催者へお問い合わせください。