間々下温泉(まましたおんせん)の景色写真館

温泉の特徴

泉質:ナトリウム−塩化物強塩温泉
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進、切り傷、火傷、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病など
特徴:伊豆諸島のひとつ新島の本村・間々下に湧く温泉。源泉は約79.8℃のナトリウム−塩化物強塩温泉で、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど多くの疾病に効能があるといわれている。現在、島内5箇所に源泉が引湯されており、中でも、まるでギリシャ神殿のような佇まいを見せる露天風呂「湯の浜露天風呂」は、海上からでも目に付く島のシンボルマークとなっている。水着着用だが24時間無料で湯を楽しむことができ、目の前に広がる太平洋の美しさはまさに絶景。開放的な気分を味わいながら湯を楽しめる、島ならではの温泉だ。
あなたの撮った写真を、ゆこゆこネットで掲載いたします。 写真を投稿する

こちらのコーナーでは、ゆこゆこネットスタッフおよび、ユーザーの皆様からいただいた写真を紹介しております。
あなたの撮った写真を、ゆこゆこネットで掲載いたします。あなたの素敵な旅の思い出を、ぜひ投稿してください。

鮮魚 くさや

鮮魚

 

くさや

         
投稿者:ゆこゆこネットさん
投稿日:2007-06-14
  投稿者:ゆこゆこネットさん
投稿日:2007-06-14
         
拡大   拡大          
あなたの撮った写真を、ゆこゆこネットで掲載いたします。 写真を投稿する