岩井温泉(いわいおんせん)の周辺観光地

温泉の周辺観光地の情報

鳥取砂丘のイメージ画像  

鳥取砂丘

日本海に沿って約16kmも連なる日本最大の砂丘

起伏量が激しく、越えると目の前に日本海が開ける鳥取の景勝地。山陰海岸国立公園の特別保護地区に指定され、南北約2.4km、東西約16kmもの広さを誇る。名物のラクダや遊覧馬車に揺られれば、異国情緒漂う砂丘観光が楽しめる。

 
  • 住所:鳥取市福部村
  • TEL:
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

ゆかむりギャラリー(尾崎翠資料館)のイメージ画像  

ゆかむりギャラリー(尾崎翠資料館)

岩井温泉生まれの女性作家・尾崎翠の資料を展示

『第七官界彷徨』『アップルパイの午後』などの作品で知られる女性作家・尾崎翠の資料を展示する資料館。尾崎翠は岩井温泉の西法寺で生まれ、幼少をこの地で過ごした。彼女の感受性には、はっきりと岩井の風土が影を落としているのが読み取れる。

 
  • 住所:岩美郡岩美町岩井
  • TEL:0857-72-1431
  • 駐車場:あり
  • 入場料:無料

浦富海岸のイメージ画像  

浦富海岸

「日本の白砂青松百選」に選ばれた日本海屈指の自然景勝地

「日本の白砂青松百選」「日本の渚百選」「平成にっぽん観光地百選」などに選ばれている日本海屈指の自然景勝地。岩美町の約15Kmにわたる海岸線は、すべて山陰海岸国立公園「浦富海岸」に含まれており、入り組んだリアス式海岸や点在する小島の眺めは「山陰の松島」とも呼ばれている。

 
  • 住所:岩美郡岩美町
  • TEL:0857-73-1411
  • 駐車場:あり
  • 入場料:無料

旧岩井小学校のイメージ画像  

旧岩井小学校

市町村指定重要文化財の最古の洋風建築

鳥取県に現存する最古の洋風建築。その独特の雰囲気は、女流作家・尾崎翠との関わりと共に郷愁を誘う。翠の父・長太郎が主席教員をしていた小学校で、廃校となった後は文化財として改修が始まった。小学校の前に立つ翠と文子の美しいシーンが、映画『こほろぎ嬢』の中にある。

 
  • 住所:岩美郡岩美町岩井字蔵屋敷450
  • TEL:0857-73-1302
  • 駐車場:あり
  • 入場料:無料

とっとり賀露かにっこ館のイメージ画像  

とっとり賀露かにっこ館

カニが主役の小さな水族館

“見て”“ふれて”“体験する”カニが主役の小さな水族館。松葉がにが住む深海を体験することができたり、世界一大きくなるタカアシガニなど多くの生きたカニの展示のほか、水槽では海の生き物との触れ合いもできる。

 
  • 住所:鳥取市賀露町西3-27-2(マリンピア賀露内)
  • TEL:0857-38-9669
  • 駐車場:あり
  • 入場料:無料

※上記詳細情報は変更されることがあります。お出かけの際は各自治体観光課や主催者へお問い合わせください。