雲仙温泉(うんぜんおんせん)の周辺観光地

温泉の周辺観光地の情報

雲仙地獄のイメージ画像  

雲仙地獄

絶えず噴煙が吹き上げる雲仙観光メインスポット

温泉街の中心に広がる雲仙観光のメインスポット。約30の地獄から絶えず噴煙が吹き上がり、周辺一帯には硫黄の香りが漂う。強酸性の湯があふれ、キリシタン殉教の舞台や映画「君の名は」の舞台(真知子岩)としても有名。1周約30分で周れ、地熱でゆでた温泉玉子が名物。

 
  • 住所:南高来郡小浜町雲仙
  • TEL:
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

雲仙岳のイメージ画像  

雲仙岳

島原半島の中央にそびえる噴煙上げる火山群

島原半島の中央部にそびえる標高約1,000メートルを超える山々の総称。標高約1,359メートルの主峰、雲仙普賢岳を最高峰に国見岳、妙見岳、九千部岳などが並ぶ。平成2年の普賢岳噴火の際に、平成新山が誕生。6月のミヤマキリシマ、秋の紅葉などの植物群落が点在し、雄大な大自然を楽しめる。温泉街から普賢岳山頂までは往復3時間程度。

 
  • 住所:南高来郡小浜町雲仙
  • TEL:
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

雲仙ロープウェイのイメージ画像  

雲仙ロープウェイ

国立公園雲仙の大自然と温泉街を一望

標高約1,100メートルの仁田峠駅から標高約1,300メートルの妙見駅までをおよそ3分で結ぶロープウェイ。平成新山が目の前に迫り、妙見駅屋上の展望台からは温泉街を一望できる。

 
  • 住所:南高来郡小浜町雲仙
  • TEL:0957-73-3572
  • 駐車場:あり
  • 入場料:往復大人1,220円、小人610円

島原城のイメージ画像  

島原城

島原の歴史を語る町のシンボル

1618年(元和4年)から7年かけて築城された島原のシンボル。松倉氏、高力氏など4氏19代の居城として253年間、豪壮堅固な城構えで知られた。1874年(明治7年)に廃城となり、現在の天守閣や三層櫓は1964年(昭和39年)に復元されたもの。天守閣には、島原の乱やキリシタン弾圧の資料を展示するキリシタン資料館が設置されている。

 
  • 住所:島原市城内
  • TEL:0957-62-4766
  • 駐車場:あり
  • 入場料:大人520円、小人260円

※上記詳細情報は変更されることがあります。お出かけの際は各自治体観光課や主催者へお問い合わせください。