清津峡小出温泉(きよつきょうこいでおんせん)の景色写真館

温泉の特徴

泉質:単純硫黄泉
効能:神経痛、痔疾、五十肩、運動麻痺、慢性皮膚病、慢性婦人病
特徴:清津峡の入り口付近に湧く温泉。「薬研の湯」と呼ばれる源泉は、泉温約44度とやや高め。毎分約150リットルと豊富な湧出量を誇り、あたりに漂う硫黄泉の独特な香りが温泉情緒を豊かにしてくれる。神経痛、痔疾、五十肩、運動麻痺、慢性皮膚病、慢性婦人病と効能も多岐にわたり、湯欲み後の肌触りがツルツルするのが女性に喜ばれているとか。秋、清津峡の真っ赤に色づく紅葉を見ながらの湯欲みが格別だ。
あなたの撮った写真を、ゆこゆこネットで掲載いたします。 写真を投稿する

こちらのコーナーでは、ゆこゆこネットスタッフおよび、ユーザーの皆様からいただいた写真を紹介しております。
あなたの撮った写真を、ゆこゆこネットで掲載いたします。あなたの素敵な旅の思い出を、ぜひ投稿してください。

清津峡

清津峡

             
投稿者:ゆこゆこネットさん
投稿日:2007-02-05
             
拡大              
あなたの撮った写真を、ゆこゆこネットで掲載いたします。 写真を投稿する