猫啼温泉(ねこなきおんせん)の景色写真館

温泉の特徴

泉質:単純弱放射性冷鉱泉
効能:神経痛、痔疾、動脈硬化症、リウマチ、胃腸病、高血圧症、打ち身など
特徴:平安時代の女流歌人・和泉式部にまつわる開湯伝説が残る古湯。この地に生まれた式部が京の都へ上る際、故郷に残した愛猫が主人を慕って鳴き続け、ついには重病になってしまった。しかし泉に浸かると元気を取り戻し、それを見た里人が泉の効能に気付いて湯治場を設け、この地を猫啼と名付けたとか。東北でも有数のラジウム含有量を誇る湯は、腎機能改善に効果を発揮する事から別名「痛風の湯」とも呼ばれる。古より多くの湯治客の病を癒し、健康の喜びを与えてきた名湯が千年の時を経た今もなお、清流沿いにこんこんと湧き続けている。
あなたの撮った写真を、ゆこゆこネットで掲載いたします。 写真を投稿する

こちらのコーナーでは、ゆこゆこネットスタッフおよび、ユーザーの皆様からいただいた写真を紹介しております。
あなたの撮った写真を、ゆこゆこネットで掲載いたします。あなたの素敵な旅の思い出を、ぜひ投稿してください。

明け方の猪苗代湖 櫛上げの石 地物野菜

明け方の猪苗代湖

 

櫛上げの石

 

地物野菜

     
投稿者:ゆこゆこネットさん
投稿日:2006-05-01
  投稿者:ゆこゆこネットさん
投稿日:2006-05-01
  投稿者:ゆこゆこネットさん
投稿日:2006-05-01
     
拡大   拡大   拡大      
あなたの撮った写真を、ゆこゆこネットで掲載いたします。 写真を投稿する