然別峡菅野温泉(しかりべつきょうかんのおんせん)の周辺観光地

温泉の周辺観光地の情報

然別湖のイメージ画像  

然別湖

波のない夜には湖面に星光が映る神秘の湖

北海道の中で最も高い、標高約803メートルにある湖。南岸の白雲山、天望山(くちびる山)の頂からは変化に富んだ湖岸線を眺望できる。カヌーや釣り、トレッキングなどは「然別湖ネイチャーセンター」のインストラクターが指導してくれ、安心して遊べる。

 
  • 住所:河東郡鹿追町然別湖畔
  • TEL:0156-69-8181
  • 駐車場:あり
  • 入場料:無料(然別湖ネイチャーセンターは各メニューによって異なる)

扇ヶ原展望台・千畳くずれのイメージ画像  

扇ヶ原展望台・千畳くずれ

然別湖へ向かう途中に美しい光景を

鹿追町市街から然別湖に向かう途中にある展望台。文字通り「扇」を広げたような雄大な十勝平野、天気がよければ日高山脈、さらには太平洋までを見渡す。近くには、かつて火山活動で流れた溶岩が冷えて固まった「千畳くずれ」もあり、ナキウサギの生息地としても有名。

 
  • 住所:河東郡鹿追町北瓜幕
  • TEL:0156-66-2311
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

東雲湖のイメージ画像  

東雲湖

北海道三大秘湖のひとつで消えゆく湖

然別湖火山群が活発に活動していたころの噴火口の跡に出来た周囲1キロメートルほどの小さな湖。然別湖の東にあり、トレッキングで行くことができる。湖面には水草が生え、水深が浅いため、あと数10年で湿地化してしまうだろうといわれている。

 
  • 住所:河東郡鹿追町東雲湖
  • TEL:0156-66-2311
  • 駐車場:なし
  • 入場料:なし

フラワーロードのイメージ画像  

フラワーロード

鹿追の町並みを花が咲き彩る

南北に走る国道274号線沿いと東西に伸びる道道音更・新得線沿いに、花々が咲き誇るロード。7月には「花フェスタ」も開催される。

 
  • 住所:河東郡鹿追町
  • TEL:0156-66-2311
  • 駐車場:なし
  • 入場料:なし

神田日勝記念美術館のイメージ画像  

神田日勝記念美術館

32歳で夭折した生活に根ざした画家の美術館

集団疎開にて鹿追町へ移り住み、農業のかたわら独学で油絵を修めた神田日勝の美術館。「新具象」風リアリズムの絵を描き続け、32歳で急逝。絶筆であり館のシンボルでもある「馬」は、未完ながら不思議な迫力に満ちた1枚だ。

 
  • 住所:河東郡鹿追町東町3-2
  • TEL:0156-66-1555
  • 駐車場:あり
  • 入場料:一般510円、高校生300円、小中学生200円

鹿追町ライディングパークのイメージ画像  

鹿追町ライディングパーク

大自然にとけこみ馬とふれあう

道東随一の環境の中で乗馬の体験ができる施設。初心者でも事前にシュミレ−タ−感覚を養い、インストラクターが丁寧に指導してくれる。道東からはじまったスポーツ「パークゴルフ」のコース18コースもあり、気軽にプレーできる(5月上旬から10月末まで)。

 
  • 住所:河東郡鹿追町瓜幕西2
  • TEL:0156-67-2345
  • 駐車場:あり
  • 入場料:510円(体験乗馬1回2周、その他各種コース別)

※上記詳細情報は変更されることがあります。お出かけの際は各自治体観光課や主催者へお問い合わせください。