十勝川温泉(とかちがわおんせん)の周辺観光地

温泉の周辺観光地の情報

十勝川温泉のイメージ画像  

十勝が丘公園

巨大な花時計をもつ温泉街の花園

十勝川温泉の北にある公園。遊歩道の通る園内はチューリップやパンジーなどの色鮮やかな花々で彩られ、中心に据えられた花時計「ハナック」は直径約18mという大きさ。その巨大さによってギネスブックにも掲載された。隣接する「十勝が丘展望台」は十勝の丘陵地帯や帯広の街並みを一望できる、この地区一番の展望スポット。

 
  • 住所:音更町十勝川温泉北14
  • TEL:0155-32-6633
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

十勝川温泉のイメージ画像  

十勝ネイチャーセンター

北の大地で体験するアウトドアスポーツの数々

十勝川温泉街に接するアウトドアスポーツの総合施設。四季を通じて楽しめ、特に春から秋にかけては熱気球体験やカヌー、パラグライダーなど多種多様なレジャーが楽しめる。冬はスノーモービルやスノーラフティングなど。いずれもインストラクター付きなので初心者でも安心だ。

 
  • 住所:河東郡音更町十勝川温泉南12
  • TEL:0155-32-6116
  • 駐車場:あり
  • 入場料:熱気球2,000円、パラグライダー8,000円などメニューにより異なる

十勝川温泉のイメージ画像  

道立十勝エコロジーパーク

エコロジーに親しむ広大な自然公園

十勝川に接して造られた総面積約141haの環境育成型公園。平成18年に全園完成した。キャンプやピクニック、ハイキングの施設が完備され、ビジターセンターでは自然に関するさまざまな展示や催しを開催。巨大な空気膜の遊具『フワフワドーム』が、子供から大人まで人気を集めている。

 
  • 住所:河東郡音更町十勝川温泉南18-1
  • TEL:0155-32-6780
  • 駐車場:なし
  • 入場料:無料(キャンプサイト、コテージは別途利用料金)

十勝川温泉のイメージ画像  

帯広百年記念館

十勝開拓の歴史を物語る資料館

昭和57年、明治16年の開拓者団体入植100年目を記念して帯広市の緑ヶ丘公園に建てられた資料館。2つの広い展示室に、十勝の自然や開拓の歴史に関する資料、パネルなどを多数展示している。

 
  • 住所:帯広市緑ケ丘2
  • TEL:0155-24-5352
  • 駐車場:あり
  • 入場料:400円

十勝川温泉のイメージ画像  

道立帯広美術館

建物自体も美しい近・現代美術館

帯広市の緑ヶ丘公園内にある美術館。神田日勝などの十勝ゆかりの作家の作品や、ロートレック、ボナールに代表される近・現代アートの傑作を、合計約650点展示している。ブールデルの彫刻『勝利』が入り口に立つ建物自体も、現代建築の美しい造形をなす。

 
  • 住所:帯広市緑ケ丘2
  • TEL:0155-22-6963
  • 駐車場:あり
  • 入場料:展示内容により異なる

十勝川温泉のイメージ画像  

植村直己記念館「氷雪の家」

不世出の冒険家を讃える記念館

帯広市の緑ヶ丘公園内にある記念館。昭和59年、マッキンリー冬季単独登頂中に消息を絶った冒険家、植村直己氏の功績を讃え、氏が生前に愛用した道具や世界各地を冒険した時の写真、5大陸最高峰の石などを展示する。

 
  • 住所:帯広市緑ケ丘2 おびひろ動物園内
  • TEL:0155-24-2437
  • 駐車場:あり
  • 入場料:動物園450円(11月上旬〜4月下旬の動物園閉園期間中は無料)

※上記詳細情報は変更されることがあります。お出かけの際は各自治体観光課や主催者へお問い合わせください。