青根温泉(あおねおんせん)の景色写真館

温泉の特徴

泉質:弱アルカリ性単純温泉
効能:神経痛、腰痛、眼病、リウマチ、胃腸病など
特徴:戦国中期の1528年に発見され、以来500年近い歴史を持つ温泉。在地の豪族がアオヌキという木の根元から湯が湧き出しているのを見つけたのが始まりと伝えられ、“アオヌキの根元”から「青根」と名付けられたという。江戸時代には仙台藩主伊達家の御殿湯も置かれた、由緒ある名湯だ。現在、源泉は7ヶ所。約30度から71度までの様々な泉温の湯が湧く。いずれの湯も無色透明でぬめりやクセがなく、肌の上をサラサラと滑るような感触が特徴。この上品な「殿様の湯」を求めて、近隣はもちろん全国から湯客が集まってくる。
あなたの撮った写真を、ゆこゆこネットで掲載いたします。 写真を投稿する

こちらのコーナーでは、ゆこゆこネットスタッフおよび、ユーザーの皆様からいただいた写真を紹介しております。
あなたの撮った写真を、ゆこゆこネットで掲載いたします。あなたの素敵な旅の思い出を、ぜひ投稿してください。

ホテルからの眺望 蔵王山御釜 蔵王エコーライン 蔵王の樹氷

ホテルからの眺望

 

蔵王山御釜

 

蔵王エコーライン

 

蔵王の樹氷

 
投稿者:魔王さん
投稿日:2006-06-08
  投稿者:ゆこゆこネットさん
投稿日:2006-06-08
  投稿者:ゆこゆこネットさん
投稿日:2006-06-08
  投稿者:ゆこゆこネットさん
投稿日:2006-06-08
 
拡大   拡大   拡大   拡大  
あなたの撮った写真を、ゆこゆこネットで掲載いたします。 写真を投稿する