赤倉温泉(あかくらおんせん)の景色写真館

温泉の特徴

泉質:カルシウム・ナトリウム硫酸塩泉
効能:神経痛、リウマチ、筋肉痛、冷え性、関節痛、打撲、美肌、疲労回復
特徴:山寺立石寺を開いた慈覚大師が、貞観5年(863)に小国川の川辺で見つけたと伝えられる古湯。湯浴みした人の体から流れた垢を小さな虫が食べてお湯を浄化してくれたことから「アカクラ=赤倉」と名付けられたとか。古くから湯治場として栄え、江戸時代には新庄藩から湯守の役人が派遣され源泉の管理が行われていた。約70度で湧き出す源泉は湧出量も多く、神経痛やリウマチ、美肌に効能があり、飲泉すれば慢性の便秘や肥満、痛風などにも効果を発揮。小国川のせせらぎを聞きながらゆったりのんびりと湯に浸かり、日頃の疲れを快く癒したい。
あなたの撮った写真を、ゆこゆこネットで掲載いたします。 写真を投稿する

こちらのコーナーでは、ゆこゆこネットスタッフおよび、ユーザーの皆様からいただいた写真を紹介しております。
あなたの撮った写真を、ゆこゆこネットで掲載いたします。あなたの素敵な旅の思い出を、ぜひ投稿してください。

赤倉温泉街 赤倉渓谷 山刀伐峠 山刀伐峠

赤倉温泉街

 

赤倉渓谷

 

山刀伐峠

 

山刀伐峠

 
投稿者:温泉大好き!さん
投稿日:2006-06-20
  投稿者:ゆこゆこネットさん
投稿日:2006-05-11
  投稿者:ゆこゆこネットさん
投稿日:2006-05-11
  投稿者:ゆこゆこネットさん
投稿日:2006-05-11
 
拡大   拡大   拡大   拡大  
あなたの撮った写真を、ゆこゆこネットで掲載いたします。 写真を投稿する