湯の峰温泉(ゆのみねおんせん)の景色写真館

温泉の特徴

泉質:含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩泉
効能:リウマチ、神経痛、皮膚病、糖尿病など
特徴:約1,800年前、第13代成務天皇の御代に発見されたと伝えられる日本最古の温泉。熊野参詣に訪れた人々が湯垢離場として利用してきた聖なる湯であり、昭和32年には関西で初めて国民保養温泉に、平成16年には世界遺産に登録された。約92度という高温の源泉は湯筒と呼ばれ、近くに建つ小さな小屋には岩風呂「つぼ湯」がある。このつぼ湯は1日に7回も湯の色が変わると言われ、小栗判官が蘇生した湯とも語り継がれる古湯だ。熊野参詣の折に湯の峰に立ち寄った中世の貴族たちも、湯の素晴らしさを日記に書き記しているとか。時代を超えて人々を癒した良湯をじっくりと堪能してみたい。
あなたの撮った写真を、ゆこゆこネットで掲載いたします。 写真を投稿する

こちらのコーナーでは、ゆこゆこネットスタッフおよび、ユーザーの皆様からいただいた写真を紹介しております。
あなたの撮った写真を、ゆこゆこネットで掲載いたします。あなたの素敵な旅の思い出を、ぜひ投稿してください。

つぼ湯 温泉街 平治の滝

つぼ湯

 

温泉街

 

平治の滝

     
投稿者:ゆこゆこネットさん
投稿日:2006-11-15
  投稿者:ゆこゆこネットさん
投稿日:2006-11-15
  投稿者:ゆこゆこネットさん
投稿日:2006-11-15
     
拡大   拡大   拡大      
あなたの撮った写真を、ゆこゆこネットで掲載いたします。 写真を投稿する