田辺温泉(たなべおんせん)の周辺観光地

温泉の周辺観光地の情報

熊野本宮大社のイメージ画像  

熊野本宮大社

全国の熊野神社の総本宮

熊野三山(熊野速玉大社・熊野那智大社・熊野本宮大社)のひとつで、その首座を務める神社。国の重要文化財に指定される社殿には、家津美御子大神が主祭神として祀られている。商売繁昌、開運招福、衆災削除、無病息災、交通安全、大漁満足、心願成就にご利益があり、全国からの参拝客が後を絶たない。

 
  • 住所:田辺市本宮町本宮1110
  • TEL:0735-42-0009
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

湯の峰温泉のイメージ画像  

平治の滝

平家の落人伝説の残る名勝

四村川の支流・平治川にかかる雄滝、雌滝という2段の滝。その昔、平家の落人が隠れ住んだ集落があった場所とも言われ、雨乞いの滝として崇められた。滝の主は大蛇と伝えられ、滝口には現在も不動尊が祀られている。鬱蒼とした森の中にあり、現在は本宮町名勝八景のひとつに数えられている。(写真撮影:山下義朗)

 
  • 住所:田辺市本宮町
  • TEL:
  • 駐車場:なし
  • 入場料:なし

渡瀬温泉のイメージ画像  

東光寺

ユニークな薬師如来坐像が見もの

湯の谷川のほとりにある天台宗の寺。本尊の薬師如来坐像は約3mもあり、長い年月をかけて湯の花が積もり、石化してできたもの。薬師は胸のあたりの穴から盛んに温泉が湧き出ていたために「湯の胸薬師」と呼ばれている。

 
  • 住所:田辺市本宮町湯の峰112
  • TEL:0735-42-0256
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

闘鶏神社のイメージ画像  

闘鶏神社

熊の灘を一望できるこの展望台

弁慶の父、湛僧が源平合戦の時に2羽の鶏を戦わせて、どちらに味方するか占った故事が残り、境内には湛僧と弁慶の像が建っている。

 
  • 住所:田辺市湊655
  • TEL:0739-22-0155
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

天神崎のイメージ画像  

天神崎

日本のナショナルトラスト運動の先駆け

多種類の海洋生物が数多く生息している世界的にも貴重なところ。黒潮の影響を強く受けているにもかかわらず湾内には暗礁が多く、潮がゆっくりと動いて南の海で生まれた種々の幼生の育成を助けている。

 
  • 住所:田辺市天神崎
  • TEL:0739-25-5353
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

※上記詳細情報は変更されることがあります。お出かけの際は各自治体観光課や主催者へお問い合わせください。