芹沢温泉(せりざわおんせん)の景色写真館

温泉の特徴

泉質:アルカリ性単純温泉
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、肝硬変、尿酸結石、痛風など
特徴:昭和48年、釣り堀を開設するため井戸水をボーリングをしていた際に、偶然湧き出た新しい温泉。須賀川周辺には、それまで天然の温泉がなかっただけに大いに評判を呼んだという。重曹を含んだ源泉は東北屈指の湧出量を誇り、アルカリ泉特有の刺激が少ないスベスベした入浴感は、肌が滑らかになる「美人の湯」。皮膚の角質が洗い流されるため、体温が放散されることでかなりの清涼感を覚える「冷の湯」としても有名だ。飲泉所も整備されており、飲用により尿酸の排泄が促され、初期の肝硬変、尿酸結石、痛風、骨粗しょう症などにも効能がある名湯として注目されている。
あなたの撮った写真を、ゆこゆこネットで掲載いたします。 写真を投稿する

こちらのコーナーでは、ゆこゆこネットスタッフおよび、ユーザーの皆様からいただいた写真を紹介しております。
あなたの撮った写真を、ゆこゆこネットで掲載いたします。あなたの素敵な旅の思い出を、ぜひ投稿してください。

情報の登録がございません
あなたの撮った写真を、ゆこゆこネットで掲載いたします。 写真を投稿する