• このページをシェア

うとろウトロ温泉

夕日と流氷で名高い世界遺産・知床最大の温泉地

平成17年4月、世界遺産に認定されて人類共通の至宝となった知床半島の大自然。その半島の西側、日本百名山のひとつ羅臼岳を真東にのぞむ海岸沿いに、6軒の大型ホテルと1軒の共同入浴施設、複数の民宿や旅館が建ち並び温泉街を形成している。 半島最大のウトロ港を持ち、知床横断道路で東海岸の羅臼市街とも直結。オホーツクを真紅に染めながら沈む夕日、厳冬期に押し寄せる神秘的な流氷、そして昭和33年に目撃された日本では珍しいオーロラと、圧巻の規模を誇る大自然の雄姿が最大の目玉。 港から出る知床観光船での眺望や、車で行く「オシンコシンの滝」「知床五湖」などの雄大な景観に、地名の由来が迫力をもって実感できる。

ウトロ温泉の宿一覧(1件)を見る

温泉の特徴

泉質 炭酸水素塩泉、塩化物泉
効能 神経痛、筋肉痛、冷え性など

知床半島の西側、オホーツク海に面したウトロ港周辺に湧く温泉。昭和40年代の前半、ボウリングによって源泉開発がなされ、46年に正式に開湯した。最初の源泉は海を見おろす高台にあり、以降、海岸沿いに4系統10カ所以上の源泉が湧出。合計毎分約1100Lの豊富な湯量を誇る。塩味を含んだやや茶褐色がかるお湯は、肌に心地よいつるつるした感触。弱アルカリ性特有の肌触りで、じっくりと湯浴みすれば体の内側からほんわかと温まり、肌にも爽快なうるおい感が残る。知床の大自然やオホーツクの海と一緒に堪能したい、最果ての地に湧く癒しの

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

北海道斜里郡斜里町ウトロ

アクセス

  • でお越しの方

    遠軽瀬戸瀬ICから車で約3時間

  • 電車でお越しの方

    知床斜里駅から車で約50分

このサイトをシェアされたい方はこちら