千倉温泉(ちくらおんせん)の景色写真館

温泉の特徴

泉質:硫黄泉
効能:神経痛、リウマチ、皮膚疾患、アトピー、婦人病など
特徴:房総半島に数多く点在する温泉のなかで最も古い歴史を持つ古湯。1180年(治承4)には、石橋山合戦に敗れた源頼朝がこの地の霊泉で愛馬の羽衣を癒し、自らも英気を養ったという。千倉温泉郷の中で唯一硫黄泉の湯を楽しめ、ほんのり硫黄の香りを漂わせ、さらさらと滑らかな肌触りが特徴。別名「美人の湯」とも呼ばれ、湯浴み後も長く残るしっとり感が肌の保湿と代謝に効果的とされる。南房総のまばゆい太陽に晒した肌を、優しく癒してくれる海辺の古湯だ。
あなたの撮った写真を、ゆこゆこネットで掲載いたします。 写真を投稿する

こちらのコーナーでは、ゆこゆこネットスタッフおよび、ユーザーの皆様からいただいた写真を紹介しております。
あなたの撮った写真を、ゆこゆこネットで掲載いたします。あなたの素敵な旅の思い出を、ぜひ投稿してください。

「白鯨亭」のくじら料理 白間津花畑 千倉館 千倉海岸

「白鯨亭」のくじら...

 

白間津花畑

 

千倉館

 

千倉海岸

 
投稿者:ゆこゆこネットさん
投稿日:2007-01-19
  投稿者:ゆこゆこネットさん
投稿日:2006-09-13
  投稿者:ゆこゆこネットさん
投稿日:2006-09-14
  投稿者:ゆこゆこネットさん
投稿日:2006-09-13
 
拡大   拡大   拡大   拡大  
あなたの撮った写真を、ゆこゆこネットで掲載いたします。 写真を投稿する