唐松温泉(からまつおんせん)の周辺観光地

温泉の周辺観光地の情報

唐松温泉のイメージ画像  

唐松神社

おごそかな雰囲気に満ちた安産と子宝の古社

古くから安産と子授けの神として地元の信仰を集めてきた神社。特に江戸時代、秋田藩の姫君の難産を救ったことからその霊験が証明されたという。室町時代の建築とされる奥殿をはじめ、石を積んだ珍しい「天日宮」や県有形文化財の「獅子頭」があるほか、約160mにおよぶ参道の杉並木はどれも樹齢300年以上の古木で、境内とともに幽玄な雰囲気を漂わせている。また、宮司の物部氏の家系は遠く古代にまでさかのぼるとも。

 
  • 住所:大仙市協和境字下台84
  • TEL:018-892-3002
  • 駐車場:あり
  • 入場料:無料

唐松温泉のイメージ画像  

マインロード荒川

全国屈指の銅鉱跡を甦らせたアミューズメント施設

江戸中期の元禄年間から昭和15年まで、約240年間にわたり銅を産出し続けた荒川鉱山の坑道跡を利用して作られたアミューズメント施設。現在は坑道内が崩落し危険な状況のため、全面閉鎖中。選鉱場跡地や管理棟内にある展示室は、無料で見ることができる。

 
  • 住所:大仙市協和荒川字嗽沢12-3
  • TEL:018-894-2255
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

唐松温泉のイメージ画像  

わんぱくの森

樹上生活気分でキャンプできるアスレチックパーク

野原と森が広がり、家族そろってアウトドアが満喫できる自然公園。芝ゾリ用の「芝ゲレンデ」や戦国時代の攻城戦をイメージした「城攻めアスレウォーズ」など、子供たちに大人気のアスレチック施設がそろっている。特にユニークなのが、一本足で地上約5.5mの高さに浮いた「ツリーハウス」。中は5人が宿泊できる広さで椅子やテーブルも用意され、まるで樹上で生活しているような気分が味わえる。そのほか、山の傾斜を利用したベランダ式テントサイトもある。

 
  • 住所:大仙市協和境字唐松岳
  • TEL:018-892-2100
  • 駐車場:あり
  • 入場料:大人500円、小・中学生300円、ツリーハウス1泊4,000円、テント1張2,000円

唐松温泉のイメージ画像  

まほろば唐松

県内唯一の能舞台をもつ幽玄な中世テーマパーク

唐松岳を背景にして、戦国時代の館(たち)を模した中世の雰囲気を漂わすアミューズメントパーク。特に薪能(たきぎのう)で有名な能舞台は秋田県内で唯一、日本全国でも現存最古のものといわれる。ほかに資料室や茶店もあり、美しい庭園は一見の価値あり。

 
  • 住所:大仙市協和境唐松岳44-2
  • TEL:018-892-3706
  • 駐車場:あり
  • 入場料:300円

夢の平散居村展望台のイメージ画像  

夢の平散居村展望台

砺波平野に広がる散居村を一望できる展望台

鉢伏山の標高約433メートルの場所に建てられた展望台。眼前に広がる砺波平野には、カイニョ(屋敷林)に包まれた家々が、まるで島々が点在しているかように散らばり、典型的な散居集落を形作っている。はるか彼方には富山湾など日本海が見渡せ、四季折々に変化する散居村は絶景。

 
  • 住所:砺波市五谷八布施21-3
  • TEL:0763-33-1111
  • 駐車場:あり
  • 入場料:無料

唐松温泉のイメージ画像  

岨谷峡

巨岩絶壁が広がる、大迫力の絶景スポット

岩見川流域約300mにわたって、巨岩絶壁が屏風のように続く景勝の地。奈良時代初期に、鵜養の沼が破れてできたものといわれている。特に新緑や紅葉時の景観は見事で、江戸後期の文人・菅江真澄もここで写生したとか。季節によってイワナやヤマメ、サケやマス、アユなどを見ることができる。

 
  • 住所:秋田市河辺岩見字新川
  • TEL:018-866-2112
  • 駐車場:あり
  • 入場料:無料

※上記詳細情報は変更されることがあります。お出かけの際は各自治体観光課や主催者へお問い合わせください。