錦帯橋温泉(きんたいきょうおんせん)の周辺観光地

温泉の周辺観光地の情報

錦帯橋のイメージ画像  

錦帯橋

錦川に架かる誉れ高い国指定名勝

1673年に岩国藩主の吉川広嘉が原型となる木造橋を試み、翌年改良を加えて再建された名橋。以来、1953年の再建と修復を繰り返して今に至る。橋の長さは、カーブした橋面にそって約210m、幅約5m、橋台の高さは約6.6m。「木組みの技法」を用い、精巧かつ独創的な製法で作られている。春は桜、夏は鵜、秋は紅葉、冬は雪化粧と四季折々に表情豊かに変化する。

 
  • 住所:岩国市岩国
  • TEL:0827-41-1477
  • 駐車場:あり
  • 入場料:大人(中学生以上)300円、小人150円、幼児無料

岩国城のイメージ画像  

岩国城

小高い城山の山頂に建つ白亜の天守閣

1608年、初代岩国藩主・吉川広家によって作られた、四層五階の桃山風南蛮造りの城。一国一城制で取り壊されたため、現在の城は昭和37年に復元されたもの。白亜の天守閣からは錦帯橋はもちろん、瀬戸内海や遥か四国までの大パノラマを望める。

 
  • 住所:岩国市横山3
  • TEL:0827-41-1477
  • 駐車場:あり
  • 入場料:大人260円、小人120円

岩国の城下町のイメージ画像  

岩国の城下町

小説『おはん』に描かれた、大正ロマンの面影残る町並み

小説家・宇野千代の生誕地として有名な岩国に残る、代表作『おはん』の舞台にもなった昔ながらの町並み。江戸時代の城下町の名残ある屋敷や大正建築が連なり、懐かしい風景に訪れた者の心も癒される。

 
  • 住所:岩国市岩国
  • TEL:
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

佐々木小次郎像のイメージ画像  

佐々木小次郎像

錦帯橋河岸一帯で編み出した“つばめ返し”

錦帯橋の近くに建つ佐々木小次郎の像。吉川栄治著『宮本武蔵』の中で、岩国は佐々木小次郎の生まれ故郷として描かれており、錦帯橋河岸は柳を相手に剣を振るい、空飛ぶツバメの素早い身のこなしをヒントに秘技の「つばめ返し」を編み出した場所とも言われている。錦帯橋のたもとには「巌流ゆかりの柳」もあり、併せて見学したい。(※史実上の小次郎の出生やその生涯については、不明な点が多く謎に満ちている)

 
  • 住所:岩国市岩国
  • TEL:
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

香川家長屋門のイメージ画像  

香川家長屋門

錦帯橋を架橋した大工が造った重厚な長屋門

1963年に建てられた岩国藩五家老の一つ、香川家の長屋門。他にも通用門、平時門などいくつかの門があり、身分や用件によって使い分けていた江戸時代の文化を現在に伝える。また、大屋嘉左衛門をはじめ当時の職人たちの高い技術を見ることができる建築物としても興味深い。山口県指定文化財。

 
  • 住所:岩国市横山2 吉香公園内
  • TEL:0827-41-1477
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

※上記詳細情報は変更されることがあります。お出かけの際は各自治体観光課や主催者へお問い合わせください。