東鳴子温泉(ひがしなるこおんせん)の景色写真館

温泉の特徴

泉質:ナトリウム-炭酸水素塩、塩化物、硫酸塩泉、低張性弱アルカリ性高温泉
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩(四十肩)、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔症、冷え性、病後運動回復期、疲労回復、健康増進、切り傷、やけど、慢性皮膚病、胃腸病、肝臓病、糖尿病など
特徴:370以上の源泉が湧き、5つの温泉地がある鳴子温泉郷のひとつ。開湯の歴史は古く、壇の浦の合戦に敗れた平家の家臣がこの地に逃れ、仁治元年に温泉を発見したと伝えられているが、一説には、天平19年(747年)玉造軍団が設置された頃から湧いていたとも言われている。豊富な泉質を誇る東鳴子温泉は、特に日本を代表する重曹泉の郷として名高い。各宿によって、色や成分の異なった重曹泉を愉しめるのが特徴で、皮膚を滑らかにする「美人の湯」を始め、皮膚病や火傷、切り傷など多くの効能を数える。鳴子温泉郷と最上温泉郷を一度に堪能できる「湯めぐり手形チケット」があるので、各宿をめぐり、さまざまな効能を味わってみてはいかがだろうか。
あなたの撮った写真を、ゆこゆこネットで掲載いたします。 写真を投稿する

こちらのコーナーでは、ゆこゆこネットスタッフおよび、ユーザーの皆様からいただいた写真を紹介しております。
あなたの撮った写真を、ゆこゆこネットで掲載いたします。あなたの素敵な旅の思い出を、ぜひ投稿してください。

情報の登録がございません
あなたの撮った写真を、ゆこゆこネットで掲載いたします。 写真を投稿する