• このページをシェア

きさらづ木更津温泉

ビジネスマンと行楽客に人気の温泉

古くから江戸と房総を結ぶ港町、木更津に湧く温泉地。東京湾アクアラインにより川崎市と結ばれ、房総の新しい玄関口として脚光を浴びている木更津は、昔から海上交通の要として栄え、市内には名所旧跡が多数存在する。 『切られ与三郎』や『狸ばやしの証城寺』など、数多くの伝説が残るのも興味深い。自然と共存する街は、仕事で訪れるビジネスマンや観光客で賑わいを見せ、とくに潮干狩りシーズンには近隣や都内、他県から行楽客が多く訪れる。温泉は海に程近く、大型リゾートホテルや温泉ホテルなど、様々なタイプの湯宿が立ち並ぶ。 日帰り入浴もできるので、仕事や行楽の帰りに利用する人も多いとか。お風呂から上がったら、近海で捕れた新鮮な海鮮料理をじっくりと堪能したい。

木更津温泉の宿一覧(1件)を見る

温泉の特徴

泉質 炭酸水素塩泉、塩化物泉
効能 神経痛、リウマチ、関節痛、婦人病など

東京湾に近い港町に湧く温泉。源泉は大きく2つに分けられる。昔からある源泉は木更津温泉と呼ばれ、市街地に程近い富士見に湧く約19℃の炭酸水素塩泉だ。新しいのが木更津三日月温泉で、2000年に金田海岸にできた、大型リゾートホテル敷地内に湧くナトリウム塩化物強塩温泉。ナトリウムと塩素イオンを多量に含んだこの源泉は、地下約800mから湧出し、毎分約260L、25.7℃の湯で、疲労回復や美肌効果も期待できるという。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

千葉県木更津市

アクセス

  • でお越しの方

    木更津金田ICから車で約5分

  • 電車でお越しの方

    木更津駅からバス・タクシーで約15分

このサイトをシェアされたい方はこちら