大名古屋温泉(だいなごやおんせん)の周辺観光地

温泉の周辺観光地の情報

大名古屋温泉のイメージ画像  

中村公園

秀吉の生誕地に整備された公園

純日本風廻遊式林泉庭園を擁する公園。豊臣秀吉の誕生を記念して明治18年(1885)に建てられた「豊国神社」を中心に整備された。公園内には「中村公園文化プラザ」があり、その2階の「秀吉清正記念館」では、豊臣秀吉・加藤清正を中心とした遺品を収蔵展示している。

 
  • 住所:名古屋市中村区中村町茶ノ木25
  • TEL:052-451-1241
  • 駐車場:なし
  • 入場料:なし

大名古屋温泉のイメージ画像  

豊国神社

豊臣秀吉の生誕地を記念した神社

豊臣秀吉の生誕地を記念して明治18年(1885)に地元の人々の発案で建立された、中村公園内にある神社。名古屋市中村区に立つ「中村の大鳥居」はこの地のシンボルとなっている。また、毎年5月中旬には「太閤祭り」が行われ、地元の人が秀吉に扮した時代行列が参道を練り歩くほか、太閤太鼓の奉納も実施される。

 
  • 住所:名古屋市中村区中村町茶ノ木
  • TEL:052-411-0003
  • 駐車場:なし
  • 入場料:なし

大名古屋温泉のイメージ画像  

観音寺

重要文化財指定の古刹

729年(天平元)の創建と伝えられる天台宗の古刹。濃尾地震でほとんどが崩壊したが、1536年(天文5)に造られた多宝塔は今も残り、市内に現存する最古の木造建築物として国の重要文化財に指定されている。また、鉈彫りの仏像彫刻で有名な円空作の聖観音、人魔像などの木像が1,243体も保管されていることでも有名。

 
  • 住所:名古屋市中川区荒子町宮窓138
  • TEL:052-361-1778
  • 駐車場:あり
  • 入場料:拝観無料(円空仏は志納金500円)

大名古屋温泉のイメージ画像  

松重閘門

夜のライトアップが美しい水門

昭和5年(1930年)に造られ、堀川と中川運河を結ぶ水運施設としての機能を果たしてきた水門。昭和43年(1968年)に閉鎖されたが、一帯は公園として整備され、市の有形文化財に指定されている。夜のライトアップも美しい。

 
  • 住所:名古屋市中川区山王1〜西日置4
  • TEL:052-972-2483
  • 駐車場:なし
  • 入場料:なし

大名古屋温泉のイメージ画像  

名古屋城

金のシャチホコで知られる名古屋のシンボル

1614年に徳川家康が築城した尾張徳川家の居城。1945年に空襲で消失したが、1959年に再建された。金のシャチをいただく五層の大天守閣で知られる名古屋を代表する観光スポットで、城内では年間を通じて「名古屋城の歴史」などの常設展示や企画展が行なわれている。

 
  • 住所:名古屋市中区本丸1-1
  • TEL:052-231-1700
  • 駐車場:あり
  • 入場料:大人500円、中学生以下無料

※上記詳細情報は変更されることがあります。お出かけの際は各自治体観光課や主催者へお問い合わせください。