国領温泉(こくりょうおんせん)の周辺観光地

温泉の周辺観光地の情報

国領温泉のイメージ画像  

大梅山興禅寺

春日局が生まれた屋敷跡

黒井城の登山口に構える寺。寺の前には七間濠がめぐらされ、白い高石垣が周囲を囲い、威風堂々とした佇まいを見せる。徳川三代将軍・家光の乳母、春日局(お福)が生まれた屋敷跡であり、境内にはお福が生まれた際に産湯に使われたという「お福の産湯井戸」や、幼少の頃、腰かけて遊んだといわれる「お福の腰かけ石」が残る。

 
  • 住所:丹波市春日町黒井2263
  • TEL:
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

国領温泉のイメージ画像  

日ヶ奥渓谷

奇岩や巨石が並ぶ美しい渓谷

多紀連山県立自然公園にある美しい渓谷。水量豊かな約9mの白龍の滝や、澄んだ渓流の合間に点在する奇岩・巨石など見どころ満載。渓谷の入口にはキャンプ場、ログハウスなども整備されており、妙高山に向かうハイキングコースの起点になっている。

 
  • 住所:丹波市春日町多利
  • TEL:0795-74-1549
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

国領温泉のイメージ画像  

水分れ公園

日本一低い中央分水界にある公園

標高約94.45mという日本一低い中央分水界近くに整備された公園。園内には人工の滝や水分れの池、子供広場などがあり、散策や休憩にぴったり。水分れ資料館(入館有料)では、水分れの特徴が映像と音声でわかりやすく解説されており、中央分水界の地形模型などの資料も観覧できる。

 
  • 住所:丹波市氷上町石生
  • TEL:0795-82-5911
  • 駐車場:あり
  • 入場料:大人200円、子供50円(水分れ資料館)

国領温泉のイメージ画像  

兵庫県立丹波年輪の里

木に触れ、親しむ創造施設

木工クラフトを中心とした創作活動の拠点、スポーツ・レクリエーション活動の場として設置された施設。豊かな自然に覆われた敷地内には、木工を体験できるクラフト館や、各種遊具を揃えたわんぱく広場、レストラン、アトリエなどがあり、子供から大人まで楽しめる。入館は無料だが、材料費などは有料。

 
  • 住所:丹波市柏原町田路102-3
  • TEL:0795-73-0725
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし(材料費などは有料)

国領温泉のイメージ画像  

瑞巌山高源寺

丹波随一の紅葉の名所

中国で修行した僧・遠谿が開基した寺。嘉暦元年(1326年)、後醍醐天皇より高源寺の名称を与えられた。秋には2,000本あまりの天目カエデが鮮やかに色づき、丹波随一の紅葉が見られる。また、境内にある丹丘荘では住職が作った精進料理を味わうことができ、好評を博している(要予約)。

 
  • 住所:丹波市青垣町檜倉514
  • TEL:0795-87-5081
  • 駐車場:あり
  • 入場料:大人300円、子供100円

※上記詳細情報は変更されることがあります。お出かけの際は各自治体観光課や主催者へお問い合わせください。